国内メディアは、円安株高を背景に、安部体制受け入れの方向にキャンペーンを開始しつつある。

安部首相がテレビで写ると、その目は狂気の影を宿している。ちょび髭つければ、そのままヒットラーだ。
巳年にふさわしく蛇目の石破幹事長は、「明日から戦争」とちろちろ赤い舌で煽り、安部とタッグを組んでいる。

ファシズムは前面に迫っている。このコンビは在任中にどこかで鉄砲をぶっ放すだろう。本人が「やる、やる」といってるんだから、これ以上たしかなことはない。

平和を願う心は、いま憲法を守る声となってあげる以外にない。いまにあげられなくなる。

護憲・九条共闘が必要だ。安部・石破の狙いを暴露しなければならない。