ビルマ情報ネットワーク(BurmaInfo)

というサイトに

高見順を知っていますか?(2005年11月25日配信)

 という文章がある。田辺寿夫さんという方が書いたものだ。

すこし紹介しておく。

高見順という作家がいた。1907(明治40)年福井県三国町生まれ。1965(昭和40)年没。太宰治らとほぼ同時代に作家として活躍した。一高から東京帝国大学英文科に進んだインテリであり、学生時代からマルキシズムの影響を受けた文筆活動を開始した。左翼くずれのインテリの苦悩を描いた『故旧忘れ得べき』(1936)や浅草を舞台に庶民の哀歓を描写した『如何なる星の下に』(1940)などの長編小説が代表作としてあげられる。

その高見順はビルマにも行っていた。陸軍報道班員として徴用され、1942年1月頃から始まった日本軍のビルマ侵攻作戦に帯同した。それから1年ほど日本 軍軍政下のヤンゴン(ラングーン)で、新聞・雑誌の編集・発行、ビルマ文学作品や映画の検閲などにかかわった。ビルマの文化人や知識人との交流もあった。

日本軍のアジア侵略を「東亜の解放」をめざすものとして正当化し、それを出版物や催し物を通して占領地の人々に宣伝をするという報道班員の本来の任務をはたしながら、高見順はビルマ、ビルマ人、ビルマ文化について実によく勉強をした。それは検閲や宣撫のために必要だからという範囲をはるかに越えている。

田辺さんという方、存じ上げないが、すばらしい文章力だ。要点を書き抜こうと思ったが、まったく文章に無駄がない。高見順が「独裁者」を鑑賞できた理由も、ビルマで英軍の没収資産を点検したとすれば納得される。(後付注: ウィキペディアによれば、高見順1941年ジャワ島でイギリス軍からの押収品の中に『独裁者』のフィルムがあり、それを見た )

もう少し続ける。

高見順は戦争当時の日記を公刊するにあたって次のように複雑な心境を吐露している。

「この巻は私にとっていわゆる戦争協力の証拠をさし出すようなもので、こっそり捨て去ったほうが利口なのにとおもう人があるかもしれないが、これが当時のいつわらざる私の姿なのだから、そのままそっくり公開することにする」(第二巻上序)。

結論のところで田辺さんはこう書いている。

その題材なり、作品のトーンなり、込められた主張なりは、これはもう誰がどう読んでも「戦意高揚」、「戦争協力」以外のなにものでもない。陸軍宣伝班員としてはこのようにしか書けなかったのだろう。

とあるが、「このようにしか書けなかった」から、こう書いたのかは疑問が残る。そこがチャプリンへの「罵倒」という話と結びついているからだ。

思想的「転回」の事実はもう少しシビアに見るべきではないか。だから、そこからの総括を通じて、戦後の進歩的文士としてのゆるぎない立場が形成されたと見るべきではないだろうか。

蛇足だが、田辺さんの紹介してくれた高見の日記の抜粋を読むだけでも、高見が現地の人を見る目の、“目線の低さ、立ち位置の低さ”と、良い意味での好奇心、“学ぶ”姿勢が印象的だ。

浅草の浮き草稼業の人々を見る目と、それはつながっている。ここに高見のもつ本質的な確かさを感じる。