株価が上がって円が下がる
この奇妙な現象を、エコノミストはどう説明するのだろう。
円高→デフレ→不況の図式で展開してきた人々にとってはなんとも説明に窮するのではないだろうか。
たぶん、もう説明なんか拒否するだろうね。「エコノミストは経済学者じゃない」なんてね。

日本の一番のリスクは経団連だろうね。今回の選挙で円が下がったのは、経団連独裁体制に対する危機感ではないだろうか。今の日本の経済はアメリカとアジア、とりわけ中国との二本足で立っている。これを一本足打法に代えようということになる。日米同盟へのさらなる傾斜と中国敵視政策の強化は、セキュリティー分野での日本のリスクをさらに高めるだろう。

今後円安がすすんで、株価がどうなるかだが、おそらくヘタレるだろうと思う。日本を見つめる国際的な目はずっと厳しくなる。日本の株式市場を支えているのは、実際は海外資金だ。それが国債に対する不安へとつながると、そうとう大変なことになるかもしれない。

いまは奥田→御手洗→米倉、そして長谷川へと続く経団連新世代路線=アメリカ支店長路線を根本的に見直さなくてはいけない。