兜町筋ではもう一つの狂気の発言が注目されている。
インフレターゲットを2.5%までかさあげし、日銀の国債消化でまかなえというのである。
一部ではこれで円安ムードが誘導され、輸出株銘柄が引き上げられるのではないかと期待する声もあるようだが、そういうのはゲスの株屋と相場は決まっている。
インフレだのデフレだのは通貨レベルの話に過ぎない。景気とは関係ない。鉱工業生産指数が上がって国民所得が上がって失業率が下がって初めて意味があるのである。回らないお金をいくら発行しても意味がない。それどころか中銀のへの信頼がますます毀損されることになる。
こんなことをやる政府への信頼は地に堕ちるほかない。まさに狂気の選択である。

差別用語の連発でまことに申し訳ございません。