料金の話になるとトンと分からない。ごく大雑把に言って老健・特養なら十万以下、有料老人ホームなら安くても15万円以上、というところだろうか。さらに入居費がとられる場合が多く5百万円くらいは用意しないとならないようだ。

つまり、月収20万円以下の人は、どんなに無理をしても有料老人ホームには入れないということだ。15万以下だとグループホームも厳しい。特養か老健しかないということになる。


http://livedoor.blogimg.jp/shosuzki/imgs/a/3/a35742e7.jpg

(これ以上小さくすると、さすがに読めない)

これは、高齢者の収入状況を見たグラフだが、月収20万円以上の人がどのくらいいるかを見てみよう。
青・茶・モスグリーンの左側三色が20万以下、右側が20万以上ということになる。
一般世帯では7割が20万円を越える。しかし一人暮らし世帯では50%以下だ。
いまなら頭金くらいは子供たちが面倒見てくれるかもしれない。
しかし一人暮らしでは、逆立ちしても支払いは出来ない。

高齢者の半数は、在宅が不可能になったときは、特養か老健に入る以外の選択肢はないのである。