経団連の対中国政策が分からない。
暴動の際には米倉会長が野田首相に「うまくやれ」と持ちかけたそうだが、何をどううまくやれというのかが分からない。
そもそも今日の事態を招いた責任の一端が経団連自身にあるという自覚も反省もない。
いまの経団連の方針は明らかに日米同盟まっしぐらだ。これほどまでに露骨に対米従属を突き進むということは、高度成長を遂げた後はなかった。
日米同盟というのは基本的には中国敵視路線である。この路線をさらに推進すれば、対中関係がうまくいかなくなるのは当たり前だ。いくら政経分離といっても、限度がある。
つまり中国リスクは高まる一方だということだ。それにもかかわらず、日本の産業を構造的に破壊して中国やアジアに進出するというのは、まったく矛盾している。
この矛盾が激化したらどうなるか、日本が再軍備して自ら中国と対峙する他なくなる。日本の海外権益を守るためには、戦前のように軍隊を送り込む他なくなる。
本当にそういう気持ちなのだろうか。