…てなことを考えていたら、「大鹿村中央構造線博物館」というページにあたった。
英語ではOshika museum of Japan Median Tectonic Line というのだそうだ。
恥ずかしながら、プレート・テクトニクスというのをテクニックだと思っていた。
構造という意味なんですね。
ここの掲示板で、「やはり」と思わせる論議が盛んに繰り返されている。セオリーそのものが形成過程にあり、けっこう百花斉放のようだ。
それにしても、こんな名称の博物館を作ってしまうなんて、やはり伊那の人は違う。静岡県人なら思いつきもしないろう。

ということで、花サイ列島の話題からは退散することとする。