淡谷のり子が、生前美空ひばりを嫌っていたそうだ。
嫌いなわけが面白い。「下品」だというのだ。「目くそ、鼻くそを笑う」の類だが、目くそに目くそたる自覚がないのがすごい。
美空ひばりはたしかに下品だが、歌は下手ではない。下手ではないが、それにしても下品だ。
淡谷のり子は盛大に音程を外すし、リズム感覚もほぼゼロに近い。しかも下品だ。救いようがない。
youtubeで淡谷のり子の「人の気も知らないで」と美空ひばりのカバーの両方が聞ける。
ただし、ともにダミアの気分からは程遠い。