「おはよう ニュース問答」という囲い記事。
すごい写真が載っていた。http://livedoor.blogimg.jp/shosuzki/imgs/2/8/28aebf26.jpg
大飯原発のオフサイトセンター(原子力事故が起きたときの防災拠点)だ。

記事によると、

施設が海沿いにあったんだよ。護岸から70メートルしか離れていない。海抜もわずか2メートルなんだ。まるで「海の家」だよ。

一帯は20年ほど前に原発の建設残土で埋め立てたところなんだ。
施設周辺を歩くとあちこちで地盤が隆起し、道路にひびが入っていた。元々はヘドロが堆積した入江で、いまだに地盤が安定していないんだよ。

この写真と、原発事故が起きたときの汚染予想地図をビラにして、京都市内に配布したいものだ。