こういう指標があるということを初めて知った。
財務省統計で、話はちょっとややこしいが以下の通り

政府や企業、個人が海外に保有する資産から、海外勢による対日投資(負債)を差し引いた対外純資産残高

これがなんと253兆円の貸し越し。世界各国と比べるとダントツのトップ、2位の中国の2倍に達する。100メートル走ってゴールしたら中国はまだ50メートル近辺ということだ。アメリカは円換算でマイナス201兆円、後ろ向きに猛烈なスピードで走っていることになる。

21年連続で世界一ということだそうだ。すごいものですね。これで円高にならないほうが不思議。

対日投資を引かない海外資産残高は582兆円、これが国内投資に回れば、今の日本はずっと変わっていたはず。