東電の新社長が「原発捨てたらもったいない」といって、それに赤旗が噛み付いている。

大勢の人の命を脅かし、何が「もったいない」でしょうか。

しかしやっぱりもったいないことはもったいないのである。
とくにいままで原発に命を賭けて来たような人にとっては、無念であろう。せめて条件がよい原子炉だけでも、耐用年数までは動かしてやりたいという人情も分からないではない。

しかしあきらめなくてはならないのだ。ブラウン管工場がまだ減価償却が終わっていなくても、操業を断念しなければならないのと同じで、御時勢なのだ。

もう一度基礎研究からやり直して、何時の日か、核を製造・使用から廃棄に至るまで安全に操れるようにすること、それをコスト的にも見合ったものにすること、そういう地道な作業を積み上げて行く他ない。

ここに得心が行ったのなら、その後の話はいろいろあるだろう。
しかし、日米共同声明にあるように、核兵器維持のために原子炉は必要という邪まな考えが背景にあるのなら、それは断じて許すわけには行かない。