ちょっと気になって、youtubeであたれる範囲で聞いてみた。まともな演奏と音質の音源を捜すのに一苦労する。
五人組よりちょっと後の世代で、後半がスクリアービンにかぶるというところ。晩年は無調に移行したとのことだが、聞く範囲ではかなり保守的な技法。
やはり良い作品はそれほど多くはない。
お勧めは「前奏曲」ロ短調 op11_1、それに「三つの小品」作品57 といったところ。まずこの4曲を聞いておけばリアードフは卒業といってもいい。ニコラーエワの弾く舟歌、リヒテルの弾く「音楽の玉手箱」という曲も知られているようだが、それほどのものとは思えない。
基本的にはローカルの人だろう。