赤旗の集めたコメントは良い。

ヒルマン元監督のコメント:
私がいままで野球に携わってきて、稲葉ほど真のプロと思える選手はほかにいない。
若松元監督(ヤクルト)のコメント:
稲葉が入団した当時、いわゆるドアスイングで、内角球を苦手にしていた。しかしいまや、内角打ちは球界屈指。たゆまぬ努力の賜物でしょう。
小笠原選手のコメント:
間近で一緒にやっていて、つねにすごい打者だと思っていた。

たしかに拝み打ちのようにバットを立てたまま振り抜いて、それで観客席まで打球が飛んで行くのは、なにか魔法を見ている感じさえします。

内角球の打ち方というページがありました。

ボールの捕らえ方は、構えたグリップエンドの位置を三角形(小学生のとき使った3:4:5の三角形をイメージ)の頂点と考え、斜辺に沿って振り下ろすと最短距離で振りぬけます。
 そのときグリップエンドでボールを打ちにいく感じでバットを振るとインコース、アウトコースうまく打ち分けられますよ。グリップエンドから振り向くこと で、バットが遠回りせずに結果的にボールの内側をたたけます。振り下ろすときはバットを寝かさないように振りぬいてみてください。
言い忘れましたが、
速い球に対応しようとするならば、ヘッドスピードを上げるしかないです。
少しでも球を永く見なければボールだまや変化球に対応できなくなるので、まず、スイングを早くしましょう。

非常に良く分かる解説だ。もちろん、頭で分かるだけで体がついていくかどうかは別だが、相当の努力をしないと身につかないと思う。
中田翔は内角高目がめくら(差別用語)で、いろいろフォームを変えて試しているが、結局この技を身につけないと、何をやっても無駄ということか。