政府がヤミクモに原発再稼動を焦るのは、この夏、原発ゼロで乗り切ってしまうことへの恐怖のようだ。
中祖記者のコラムで、政府の本音が明かされている。

政府内の原子力安全問題の担当者は、「確かにあせって見える。夏を越すと“原発はなくてもいい”ということになりかねないという焦り。しかし、そっちが先に来ては絶対にダメで、当然、安全を前提に進めるべきだ」と漏らした。

もちろん情報源は不明だが、担当者レベルでこういう視点だとすれば、再開ごり押しは、政府外からの圧力による可能性が強い。
おおかた、原子力村か大企業労組だろうが、米政府やGEなど原子力関連企業の動きが見えない。