やっと、赤旗に各国比較が出てくれた。実数ではないので計算がしにくいが、日本の消費税率5%は、ヨーロッパの付加価値税に換算すると大体15%くらいの見当だということが分かる。
なぜ3倍になるかというと、日本の消費税がすべてのモノ・サービスにかかってくるからだ。逆に言うとヨーロッパで付加価値税がかかるのはモノ・サービスの3分の1に過ぎず、それらについては日本の4倍の税がかかっていることになる。
これで計算が合うわけだ。これなら貧困者の懐を直撃することはない。


1328891745


もう一つ、これも雑駁な計算になるが、現在5%の税率で税収の3割を占めているが、これが10%になれば欧州基準で言えば30%の付加価値税ということになる。
税収に占める割合は、他の税収が変わらなければ(30X2)÷(100+30)=46%ということになる。
トータルでドイツ並み、世界最高水準となる。しかも貧困者直撃ということになる。

ちょっと計算に自信がないが、垣内記者がまたチョイチョイと計算してくれないかな。