87年6月の韓国民主化闘争はまさに歴史的な闘いではあったが、これに続く現代グループ労働者の2ヶ月にわたる闘いも、韓国現代史にとって同じくらいの意義を持っている。
「世界政治」の87年10月上旬号には、現代グループ労働者の闘いを中軸に据えた萩原遼記者の素晴らしいレポートがある。
多分現在では入手困難と思われるので、韓国年表に組み込んだ。韓国の左翼運動を見ていく上で一つの原点となっていると思われるので、ぜひご参照いただいたい。