土木学会原子力土木委員会

のホームページにある委員名簿を見てびっくりした。役員34名中、26名が電力会社の関係者である。

ようするに電力会社の勉強会みたいなものだ。これが土木学会の衣をまとって、中立面して、予知連の警告を蹴っ飛ばして、日本の国策を従わせたのだ。

このホームページには、謝罪も反省の言葉もない。

未曾有の災害だった。これを教訓としてさらに検討しなければならない、というだけだ。学者としての良識を持ち合わせているとは言いがたい。したがって「学会」という呼称はきわめて不適切といわざるを得ない。土木学会本体の意向を伺いたいものである。