自由貿易と雇用とはトレードオフ(取引)してはならない

これは、第二次大戦の惨禍を潜り抜けた世界の人々が、平和と繁栄のための最大の教訓として導き出したものだ。
国際貿易機構は自由貿易の推進を原則として、ブロック経済の再現を拒否するとともに、これと対にして、雇用の保証を自由貿易の前提とした。

雇用を失うような貿易は自由貿易ではない。それは倒産の自由、失業の自由、飢餓の自由をもたらすのみである。

2,3%の関税引き下げの恩恵に浴するために、多くの国民から雇用を奪うような政策は愚の骨頂であるばかりでなく、自由貿易の原則に反する行いである。