Ohio Labor Movement Defeats Anti-Union Bill and Its Wealthy Supporters

by: Mike Ludwig, Truthout | Report

オハイオの労働運動は今日はお祝いだ。有権者が火曜日に共和党のジョンKasich知事に大掛かりの一撃を加えたからだ。Kasichは元リーマン・ブラザーズ社員で、フォックス・ニュース・パーソナリティという経歴を持つ。2010の共和党の地すべり勝利において選ばれた。

州の有権者はKasichが昨年提案した 反・団体交渉法を廃止することを圧倒的な差で票決した。Senate Bill 5 (SB 5)と呼ばれるこの州法は、61%対38%の大差で無効とされた。

SB 5は、オハイオの350,000人以上の公務員のための集団的交渉権を制限した。一部の労働者の医療費と年金コストを上げた。SB 5は一回の投票によって3月にオハイオ議会を通過した。10,000人の労働者ボランティアは、SB5をオハイオ法によって認められた州民投票にかけるために、ただちに動き始めた。

ボランティアは、6月までに先例のない130万の州民投票要請署名を集めた。巨大なボランティアの努力は、 労働組合の作戦を特徴づけるようになった。それは重要な振動州(key swing state)で草の根の労働運動を生き返らせた。

SB 5に関する州民投票は、より広い視野からはKasich知事に対する不信任投票とみなされた。

Kasichは言った。SB 5は行政当局が厳しい経済の時にお金を節約するのを援助すると。しかしウィスコンシン州マディソンで、そして他のswing statesで、抗議が荒れ狂った。SB 5は共和党の戦場州(battleground states)における公務員と団結に対するより幅広い攻撃を反映している。

彼らの選挙運動費はおよそ4000万ドルに及んだ。それは2010年の知事選に費やされた費用に匹敵する。キャンペーンは労働組合と中産階級の支持者から資金を集めた。それによって企業の秘密献金、富裕層、州外の利害関係者からの資金に対抗した。

労働者の結集体「We Are Ohio」は彼らの財源の全てを報道して、3000万ドルを集めた。その大部分はオハイオの労働組合と公立学校の教師グループからのものだった。

共和党にリンクされたグループはSB5を擁護する立場から「Building a Better Ohio」を結成した。金を集める非営利的な会社をセットして、彼らの財政を明らかにすることを避けた。しかし最近のTruthoutの調査により共和党の資金繰り計画が明らかになった。

「Building a Better Ohio」を結成するに当たりKasich知事は「Make Ohio Great」から支持を受けた。「Make Ohio Great」は共和党知事会 (RGA) のフロント組織である。この組織はKasichの2010年の選挙を支持することに1100万ドルを費やした。

Make Ohio Greatは、Better Ohioに与えたお金の量を現さなかった。SB5を守る宣伝に費やした費用も明らかにしなかった。しかし2010年の記録を見ると明らかだ。RGAは資金をmiddle-manを介して提供している。出所は民間の健康管理会社、コカ・コーラやウォルマートなどの企業だ。それは州外からの資金で、ひそかにKasich陣営に渡されている。

Make Ohio Greatは100万ドル以上を使って、Kasichを支持するテレビ広告を行った。莫大な州外資金がBuilding a Better Ohioの財源を形成した。

Building a Better Ohio は10月の遅くにその貢献者の名前を現した。しかし寄付額は明らかになっていない。

SB5支持のキャンペーンは、Make Ohio Greatを通じたオハイオ州の富裕層、大企業、オハイオ商工会議所とRGAの金で支えられた。

結局は、SB5支持のキャンペーンは廃止運動の勢いに拮抗することに失敗した。廃止運動への支持があまりにも巨大だったからである。

それは疲れを知らない何千ものボランティアの支援と中流階級の財政支援を受けた。彼らは、オハイオ州の警察官、消防士、教師の集団の声を無視しようとする態度を拒否したのである。


橋下らは日本版ティーパーティであることが分かる。大企業の手先であり、その中の野蛮な役割集団である。

この集団に対してどう戦えば勝利できるのか、オハイオの経験は教訓的である。彼らが何を言っているのではなく、彼らが何なのかを明らかにして闘うことが重要である。