TPPは経済政策というより政治的選択だった」と、1年前に日刊ベリタ編集長のさんが指摘している。

これによると、

ASEANとの連携では中国がすでに主導権を握り、鳩山由紀夫前政権は東アジア共同体を政権の目玉として打ち出して、こともあろうにこの地域の経済連携から米国を締め出すそぶりさえみせた。
落ち目の米国にとって、TPPはこの地域で米国が中国に対抗して主導権を取れる唯一の経済連携グループとなった。

TPPは菅政権にとって日米同盟を立て直す切り札だったのだ。

ということになっている。つまり、TPPで日本はアメリカに恩を売るつもりだったということだ。若干うがちすぎの嫌いもあるが、1年前にこれだけのことを見通したのだから、先駆的であることは間違いない。

と書いたが、その後いろいろ調べてみると、どうもメディアは最初は日米同盟を前面に出した論調を展開していたらしい。
それが途中から変わって、自由貿易だとか、韓国に負けるなとか言い出したようだ。どうも不勉強でよく分からないが、その辺の経過はよもぎねこ♪さんのブログに詳しい。