11月2日、西海岸の大学町オークランドで「オークランドを占拠せよ」の呼びかけたデモに1万人が参加したという。オークランドといえば、ベトナム反戦運動の発祥の地だ(正確に言えば隣のバークレイ)。50年ぶりに昔の友にあって、「元気でやってるぞ!」と声をかけられたような気分だ。
注目されるのは UC の反応。大学当局が職員1300人に自宅待機を指示したという。あのときの弾圧姿勢から見れば180度の転換だ。たぶんあの頃やられた連中が、いまは当局内部にいるのだろう。
それにしても1万人はすごいなぁ
たぶん「若者はどこにいるんだ?」くらい、おじさんたちが出張ってるんだろうな、と想像している。