封建社会の下で、生産と交易が発展してある程度の段階に達すると、封建的所有関係と照応しなくなる。所有関係が生産を妨げるようになり桎梏と変わる。
それらは爆破されなければならなかった。そして爆破された。
それに代わって自由競争が出現し、資本家の支配する経済と社会のシステムが出現した。
現在これと似た運動が我々の前で進行している。これほど巨大な生産と交易を魔法で呼び出した資本主義社会は、自分で呼び出した地下の魔力をもはや制御できなくなった魔法使いに似ている。

資本主義社会と資本主義的所有関係は、自分の作り出した富を入れるのには狭すぎるようになったのである。ではどうするか?
資本家は一方では、新しい市場を獲得し、前からの市場をいっそう徹底的に利用しつくすことによって、他方ではやむなく大量の生産能力を破壊することによって危機を逃れようとする。
それはつまるところ、より全面的で、より激烈な恐慌を準備し、同時にそれを避けるための手段を減らすことによってである。
資本家はこうして自分に死をもたらす武器を鍛えつつある。そしてその武器を使う人びとを生み出しつつある。プロレタリアート(無産者)がそれである。

今日び、そのまんま使えますね。