共産党の笠井議員が面白いことを言っている。
「うそつきは原発の始まり、原発はうそつきのかたまり」
だから原発廃止を、とつながって行く論理である。

面白い切り口だと思う。
原子力の安全性やコストを云々することももちろん大事だが、社会的に見ると、そこにありとあらゆる邪悪な意思が凝集しており、それがウソという接着剤で、原発というものに結実しており、その故にこそ原発が危険なのだという主張である。
たしかにこういう観点が必要でもあり、説得力を持つ。

ただ「壮大なウソとしての原発神話論」批判を全面的に展開しないと、むやみに人を斬ることにもなりかねない議論であり、慎重を要する感じもしないでもない。