「要綱」65ページ
すべての神話は、想像を通じて自然力に打ち勝ち、自然を支配する形を描くのである。したがってそれらは自然力に対する現実的な支配とともに消えうせる。

政府・発電会社は「安全神話」をふりまいたが、もっと大きな意味で、私たちは原子力に対する神話の時代に生きているといえるだろう。