トヨタとフォードがハイブリッド技術で提携すると発表された。
フォードというとブリジストンの訴訟以来、どうも日本人には好感が持てない会社だった。
しかしその後フォードは生まれ変わったようだ。あの訴訟のときの悪役社長はその後首になり、フォード家の御曹司が会長職についた。トヨタと同じだ。
この社長は海外のブランドを次々に手放し、M&Aから手を引き、技術を再構築し、国内でのものづくりに集中しようとしているようだ。今のところ結果は出ていないようだが、たぶん今のトヨタと気分はともにできるのだろう。