フードスタンプというのはSupplemental Nutrition Assistance Program (SNAP)のこと。
低所得者が食料品を購入するさいに、その一部が補助される制度である。
対象者は4人家族で月収2400ドル以下となっている。ほぼ日本の生保基準に近い。
農務省の発表で、受給者数が4600万人に達した。これは国民の約15%=7人に一人に相当する。
リーマンショックの08年で2800万人だったから、3年間で1.6倍に増えたことになる。まさに貧困大国だ。