参院復興特別委員会で債務買い取り法案が可決された。変わった成立で、自公案に共産党が賛成。与党は反対に回るという採決。
公的機構が2兆円規模の債務買取を行い、二重債務の解消を図るというもの。民主党も賛成はしなかったが、政府閣僚は積極的で、財務副大臣が「二次補正予算の予備費をすぐに出動させる」と答弁している。
このように超党派で議員が動くと、国会というのは本来の機能を発揮できるということが証明された。それも第二次補正予算が成立したためである。
議員にはできることがたくさんある。それどころかできないことは何もない。政府の無能ぶりを槍玉に上げていても事態は改善しない。それは翻って議員の無能ぶりを証明することになる。名を惜しめ、時間を惜しめ、後世の人々が見ているぞ。
復興のあり方については意見が分かれるだろうが、復旧については一致できることがたくさんあるはずで、それをどんどん進めてほしい。