本日の赤旗は二面が面白い。
まず最初は松本で開かれている国連軍縮会議で、菅谷市長が講演。「地球規模での原子力政策について立ち止まって再考する必要がある」とした上で、「私たちは産業経済優先か、いのち優先かその岐路に立たされている」と述べた。
これは原発について語られた言葉だが、当節の経団連・経済同友会あたりの、社会的責任感ゼロの発言を聞いていると、やはり正面からこの言葉で問いかける必要があると思う。少しのぼせ上がった金持ち連中を黙らせるべきだ。
「ここはあんたらの国じゃないよ。金も出さずに四の五の言うんじゃないよ!」