不破さんがテレビで語ったのが赤旗に掲載されている。
さすがと唸ったのは、福島原発事故が峠を越えたのではなく、これからが非常事態の瀬戸際に向かうときなのだという指摘だ。
炉心にあった「死の灰」の1%が空中に出たといわれる。ということは、まだ99%がそこにあるということだ。それがどうなっているか。

11万トンたまった汚染水は、10万トンの大きな集中処理施設を作って、大部分移したはずなんですよ。しかし移しても減らないんですね。ということはそれが地下水とつながってもっと巨大な汚染水となっているのではないかと考えられるんです。
…放射能を原子炉の中に閉じ込められないで、水が担い手になってどんどん外に出つつあるというのが現状なのですね。

ようするに、事態はいまも進行中で、それどころか、これからがもっとも重大な局面に入るのだという認識を持つべきだ。原発再開論を語るにはまだ早い。
「それでも原発だ」というときの"それ"の中身が恐ろしい勢いで膨らんできますよ。もう少し経過を見てからでないと恥をかくことになりますよ、ということだ。