放射能が降っています。
静かな夜です。

赤旗の文芸欄に紹介された、和合亮一のつぶやき詩。6月に徳間書店から「詩の礫」として発刊されたそうである。世の終わりの夜もこのように静かなのだろうか?
ところで著作権は大丈夫かな?
金子兜太が紹介した句もすごい。

奥底の しれぬ寒さや 海の音

これは実は江戸時代の女郎か川の辞世の句だそうだ。