北星大学 植村さんの去就で一歩前進

マケルナ会からメール(27日付)が届いた。ここに転載しておく。

「負けるな北星!の会」賛同人の皆様 
植村さんは3月から、韓国ソウルに本部があるカトリック大学で勤務することに
なりました。これにより、北星大学の雇用は来年3月末の任期満了で終了します。
カトリック大学では、客員教授(有給)の待遇で、期間は1年。宿舎は無料で用
意されます。
日本語学科の学生など対象の教養学科で週2日、講義する予定です。

カトリック大学は、裁判のことも含め、植村さんや北星の状況を理解した上で招
聘しました。植村さんは、これまでよりも大勢の学生を教えることができます
し、この機会に日韓関係など、ご自身の研究も深めたいと考えています。

北星学園大学の田村学長は、植村さんから報告を受け、次のように話されました。
・植村さんの教育者としての能力が評価されたものであり、大変嬉しく思った。
・色々と報道されているが、次年度の雇用継続に関しては本当に悩んでいた。
・カトリック大学校は北星の姉妹校でもあり、今後共、色々な場面で北星に来て
いただきたい。

次が、植村さんの礼状

uemura
以下は私の感想

事務局の皆様
大変ご苦労様でした。
ある意味で予想外の結論でしたが、
身の落ち着き先が決まったというのは
大変良いことだと思います。
ロッククライミングで言うと、
宙ぶらりんで両腕だけで頑張っていたのが、
しっかりした足がかりを確保できたということでしょう。
さぁ、これから本格的なクライミングの開始です。
鈴木頌