いかにして一部反原発派は細川支持に至ったのか。

「脱原発都知事を実現する会」という組織が細川候補の支持を発表した。「統一」を呼号しながら「分裂」をもたらす結果となってしまったが、そのことの是非はここでは問わない。

深刻なのは、もっと奥深いところでの精神の崩れだ。「なんとしても勝たなければならない」論から「勝ちゃぁいんだろ」論ヘの思想的ズルムケである。マラソンで勝つために、途中の人がいないところで自転車に乗るみたいなものだ。

控えめに見ても「発狂」したとしか言いようが無い。本人たちにもその自覚はあるようだ。

論点を明らかにしよう。

「都政は都政」ということではない。日本を代表する首都の首長はたんなる一自治体の長ではない。国政問題であっても堂々と主張しなければならない。

原発を争点にすることも当然だ。そのようなことを問題にしているのではない。

原則上の問題は、細川氏を支持するのかどうかということだ。ことは選挙だ。

細川氏は支持しない、しかし反原発だから応援するというのは、有権者への愚弄ではないか。支持もしない候補を応援するのはみずからへの欺瞞でもある。県外移設と唱えたら仲井真候補を「勝てそうだから」といって支持するのか。

現実の問題としては、「細川氏が当選すれば“勝ったことになるのか」、ということに尽きる。たしかに安倍政権には痛撃にはなる。したがって我々にとっては痛快だ。しかしそれだけであろう。

たんなる腹いせだ。その後に深い失望が襲うだろう。民主党が国民に深い失望を与え、政治離れを生み、それが安倍極右政権を招いたのと同じ轍を踏むことになる。

シングル・イシュー選挙は民主主義の退廃だということも言っておきたい。選挙は短期決戦である以上、争点を絞り明確にしていくことがだいじだ。しかし、それは全般的戦略があって有権者の要求を受け止めての話だ。


会の主なメンバーを見ると、次のような人たちがあげられる。

鎌田慧(ルポライター)
河合弘之(弁護士、脱原発弁護団全国連絡会)
瀬戸内寂聴(作家)
広瀬隆(作家)
湯川れい子(音楽評論家)

多くの人が原発プロパーであり、「脱原発イノチ」の立場と思う。何人かは会の雰囲気に押し流された可能性もある。

すくなくとも、この人達の意向で日本の民主運動の全体が引き回されてはならないと思う。

主観的にどう思おうと、彼らはみずからの掲げるイシューを絶対化し、これまで地道な平和運動、労働運動、生活擁護などの努力の結果として作り上げられてきた「統一戦線」を離脱し、分裂させたのである。

「脱原発都知事を実現する会」の河合弘之弁護士は、「細川氏は我々と一定の距離を保っているが、話に耳は傾けてくれる。我々の間にホットラインはちゃんとある」と話したという。(IWJ 20日号)

「我々」って誰のことだい。あんたらのことだろう。

そういうのを「選挙ブローカーの闇取引」というのではないか。しかも、抜け駆けたその先に確たる展望を示すこともできない近視眼的な戦術にすぎない。

それは日本国民にとってもっとも中核的な課題、「反ファシズム」での統一を傷つける可能性がある。

鎌田氏はいみじくも反ファシズム統一戦線の結成を呼びかけたディミトロフを引き合いに出して、「統一」を呼びかけた(東京新聞 28日号)
その言葉はそのままお返しする以外にない。


民主党の躍進と崩壊という時代を経て、我々が学んだことは、お上任せの他力本願ではなく主体的な政治参加なのだと思う。

二度も授業料を払う必要はない。自分の脚を信じて走ることだ。それは国民、とくに若者を民主政治の実現に向けて動員することなのではないか。

率直に言って、そう簡単なことではない。積み上げが必要だ。チリのアジェンデも、ブラジルのルーラも大統領になるまでは何度も落選を繰り返した。

だが、日本ではすでにかなり国民の力が積み上げられてきていると思う。そう馬鹿にしたものでもない。自民党を大敗させた経験は忘れ去るほど過去のものではない。

その深部の力に確信を持ち、真の統一戦線の実現に向けて一歩を踏み出すことが、なによりももとめられているのではないだろうか。