土曜日に渋谷で若者の集会があった。
そこで福田和香子さんという大学4年生のスピーチがすごくいい。
相当練り上げた文章かと思ったら、写真ではスでしゃべっている。
まずは言葉を紹介しよう。

先週の金曜日、
毎週行われている抗議行動の様子がテレビで報道されました。
それに対して、
インターネット上で罵詈雑言を投げかける人たちを尻目に、
私は、
きょうここに立つことに決めました。
私は本気だからです。

私や私の仲間が、
この場所にこうやって立つことでどれだけのリスクを背負っているか、
想像に難くないはずです。
それでも、
私が背負い込むリスクよりも、
現政権に身を委ねた結果訪れる未来のほうが、
よっぽど恐ろしく思えるのです。

もう人ごとではありません。
すべての国民が当事者です。

想像力を捨て、目先の利益にとらわれ、
独裁的な指導者に首をつながれた、
そんな奴隷になりたいですか。

私はいま、
自分が持つすべての可能性にかけて、
この法案と、
そして安倍政権を、
権力の座から引きずり下ろします。

そうすることでしか、
受け入れるにふさわしい未来が
やってこないからです。

1%でも
可能性が残っているのなら、
私は声をあげることを止めません。

どうです。立派な詩でしょう。題は「私は本気だからです」にしたいな。
ついでに写真も載せちゃおう。
ギョギョギョっていうか、ジェジェジェというか、おまかせします。

詩人