憲法は、自衛権についてコメントしていない。自衛権を否定しているのではなく、「そんなことを考えるな」というように読むしかない。
「そんなことは最後の最後に考えればいいことであって、その時には“名誉ある地位”にふさわしい態度をとればいい」ということなのだろうと思う。
とにかく、生死をかけたぎりぎりのところまで、平和的に、非暴力的に頑張ることを、憲法はもとめている。
樋口陽一さんの言葉が重い。
攻められることはない、絶対に安心だという論証はできません。
絶対安全だという論証はできないのです。
そのことを承知で、戦争放棄を国是としたのが憲法です。
憲法九条はそれほどの決意をもとめているのです。
他国から攻められることのないよう、外交を始めとする努力を要求しているのが憲法9条です。
憲法9条が選びとったのは、重いけれども高貴な、大いなる努力を求める道です。
ただ、非暴力的に頑張るというのは隠忍自重し、ひたすらに我慢を重ねることではない。それでは健さんのように「もう堪忍ならねぇ」とドスを抜くことにしかならない。
平和主義というのは、外交の場で丁丁発止とやりあい、相手をやり込め、孤立させ、多国間主義で包囲することであり、「無駄なことをするな、無益な殺生をするな」と説得することである。