2015年 ラテンアメリカはいま

全体的状況

1.新自由主義への後戻りは許さない

ハイエナファンドの策動

ブラジル大統領選に見られた「左翼バネ」

革新政権の実績はゆるぎない

2.米キューバ国交回復はラテンアメリカの勝利

米州機構の孤児となったアメリカ(米州自由貿易機構構想の挫折)

クーデターの企てを阻止した南米諸国(UNASUR)の団結

キューバの米州機構への復帰

3.依然として残る経済的脆弱性

原油価格低下によるベネズエラの困難

経済成長の停滞をきたしたブラジル経済

米国への資金還流と、資本不足に悩む小国

各国の状況

1.閉塞感強まるメキシコ

長者番付世界一はメキシコ人

没落する中間層とPRDの弱体化

ギャングと結びついたボス支配の復活

2.中米諸国における革新勢力の躍進

コスタリカ、エルサルバドル選挙に見る国民の急進化

ニカラグア、サンディニスタの安定支配

グアテマラ、ホンジュラスでの反動・進歩勢力のせめぎ合い。

3.米国金融資本の軛の下のブラジル経済

4.資源依存型経済の中で苦闘するアンデス諸国