ホモ・ハビリス余話

この世界はリーキーさんという人が仕切っているみたいで、リーキーさんがヒト属といえばヒト属なのである。

何か一頃の日本の旧石器研究を思わせるところがあり、ホモ・ハビリスについては要注意である。

発見の経過

1959年、東部アフリカ,タンザニア北部のオルドバイ峡谷の湖床層の第2層下部からヒト科の骨格遺残が発見された。更新世(約180万年前)の地表に相当する。

このとき原始的な礫(れき)石器が伴出した。類学者ルイス・S.B.リーキーらは、これをジンジャントロプス・ボイセイと命名した。

1960年にオルドバイ峡谷のやや古い層から、別種のヒト科の骨格遺残が発見された。

1964年、.リーキーが従来の説を訂正。①ボイセイはもう一つのヒト科に滅ぼされた、②石器は彼らによって造られ用いられた、③もう一つのヒト科は、猿人(アウストラロピクテス)よりも原人に近い、とする。

リイキーは、それをホモ・ハビリスと命名した。これは「器用なヒト」という意味。

その後各地に同様の特徴を持つ骨片が見つかり、存在が確定された。

身長は約130センチ。脳容積は猿人より大きい。現代人の約半分。歯は小臼歯と大臼歯が小さい。

約250万年前にアウストラロピクテスより分かれ、150万年前くらいまで生息していたと推定されている。

そのなかでケニアから発見された比較的大型のものを別種(ホモ・ルドルフェンシス)とする意見もある。

ホモ・ハビリスをめぐる混乱

リーキーは発見者としての欲目もあって、これをオーストラロピクテスとは次元の違うヒト属に分類した。

「日本大百科全書」では「頭骨は薄く、進歩的である。下肢骨は直立二足歩行に適し、手の骨から力強い把握能力が示唆される」となっている。

おそらくリーキーの著書からの引用を含んでいると思われ、必ずしも価値中立的でない表現がなされている。

しかし、「知恵蔵」の記載では、「腕が長く脚が短い点は猿人よりも原始的であり、謎の多い種である」とされている。

一方で、下記のように原人に入れてしまう表現もある。

山川出版社の『詳説世界史B』では、2012年までの旧版では、ホモ=ハビリスを猿人として紹介していたが、2013年の最新版ではホモ=ハビリスはホ モ=エレクトゥスと同じく原人に属すると記述を変更した。その結果、原人の出現時期は旧版の180万年間から250万年前へとさかのぼらせている。

ちょっとやり過ぎだと思うが、どうだろうか。

アウストラロピクテスより古い猿人

アウストラロピクテスより古い猿人探しはいわばレースのようになっている。

中でも話題になったのがサヘラントロプスという化石で、チャドからあまりにも完全な頭蓋骨標本が見つかっている。

Sahelanthropus tchadensis - TM 266-01-060-1.jpg

600万年 - 700万年前のものであることは間違いない。大後頭孔が頭蓋下方に位置しており、直立歩行していた可能性がある。

ほかにラミダス猿人、オロリンやアルディピテクス・カダバといった化石も発見されているようだが、それらの異同については、現時点では不完全な仮説にとどまる。