鈴木頌の発言 国際政治・歴史・思想・医療・音楽

13年4月、ぷらら・Broachより移行しました。 中身が雑多なので、カテゴリー(サイドバー)から入ることをおすめします。 過去記事の一覧表はhttp://www10.plala.or.jp/shosuzki/blogtable001.htm ホームページは http://www10.plala.or.jp/shosuzki/ 「ラテンアメリカの政治」です。

2012年04月

ファイル名が完全に日本語だから、youtubeではなくニコニコからのダウンロードかも知れない。昔は「ローマの泉」といったが、今ではこちらのほうが通例なのか。

 レスピーギの交響詩「ローマの噴水」で、女性アナウンサーの前口上が入るから、BBC放送のエアーチェックであることは間違いないが、NHKの平べったいライブ録音より良いみたいだ。

オーケストラの音というのは強くなるときに、ただ振幅が上がるだけではなく、厚くなるのである。もちろん人間の耳には限りがあるから全奏のときに一つ一つの楽器が聞こえるわけではない。しかし実際には一つ一つの楽器がそれぞれにフォルテッシモの音を出しているのである。

MP3など圧縮ソフトでは人間の耳には聞こえない音を切っている。そのことについて文句をいう人がいるが、それはあまり意味がないと思う。むしろ強奏の際に音が団子になってしまうことのほうがはるかに問題である。128kb以下では必発だ。

それを聞くほうの側で、「これはフルートの音とオーボエの音のハモったところに第一バイオリンがかぶさって出来た音だな」、などと想像しながら聞き分けていく努力がもとめられる。

音が団子になってしまってから、それがやたらと大音量で聞こえても、ただの雑音に過ぎない。ひたすらやかましいのだ。だから思わずボリュームを絞ってしまう。はなはだ興ざめである。

このローマの噴水は最強音でもうるさくない。dBがΣ(=A+B+C)で来るのではなくA+B+Cでそのまま来るのだ。これには感激する。

むかしフルトベングラーのバイロイト盤の第九を聞いた時、第4楽章で合唱が一段落してからトルコ行進曲が聞こえてくるまでのところがまったく聞こえなかった。そこを一生懸命に聴こうとするとスピーカーのコーンが壊れるくらいの大音量が発生し、台所のお袋がその瞬間に金切り声を上げたものだ。

はじめてCDを買ったのはこの演奏だった。1枚3900円だったと憶えている。とにかく音が聴こえるのだ! それにはつくづく感心した。それを聴いた瞬間に、「あぁ、LPの時代は終わったのだ」と一人ごちた思い出がある。

だからダイナミックレンジには落とし穴があるのである。

ファイル名が完全に日本語だから、youtubeではなくニコニコからのダウンロードかも知れない。昔は「ローマの泉」といったが、今ではこちらのほうが通例なのか。

 レスピーギの交響詩「ローマの噴水」で、女性アナウンサーの前口上が入るから、BBC放送のエアーチェックであることは間違いないが、NHKの平べったいライブ録音より良いみたいだ。

オーケストラの音というのは強くなるときに、ただ振幅が上がるだけではなく、厚くなるのである。もちろん人間の耳には限りがあるから全奏のときに一つ一つの楽器が聞こえるわけではない。しかし実際には一つ一つの楽器がそれぞれにフォルテッシモの音を出しているのである。

MP3など圧縮ソフトでは人間の耳には聞こえない音を切っている。そのことについて文句をいう人がいるが、それはあまり意味がないと思う。むしろ強奏の際に音が団子になってしまうことのほうがはるかに問題である。128kb以下では必発だ。

それを聞くほうの側で、「これはフルートの音とオーボエの音のハモったところに第一バイオリンがかぶさって出来た音だな」、などと想像しながら聞き分けていく努力がもとめられる。

音が団子になってしまってから、それがやたらと大音量で聞こえても、ただの雑音に過ぎない。ひたすらやかましいのだ。だから思わずボリュームを絞ってしまう。はなはだ興ざめである。

このローマの噴水は最強音でもうるさくない。dBがΣ(=A+B+C)で来るのではなくA+B+Cでそのまま来るのだ。これには感激する。

むかしフルトベングラーのバイロイト盤の第九を聞いた時、第4楽章で合唱が一段落してからトルコ行進曲が聞こえてくるまでのところがまったく聞こえなかった。そこを一生懸命に聴こうとするとスピーカーのコーンが壊れるくらいの大音量が発生し、台所のお袋がその瞬間に金切り声を上げたものだ。

はじめてCDを買ったのはこの演奏だった。1枚3900円だったと憶えている。とにかく音が聴こえるのだ! それにはつくづく感心した。それを聴いた瞬間に、「あぁ、LPの時代は終わったのだ」と一人ごちた思い出がある。

だからダイナミックレンジには落とし穴があるのである。

イ・ムジチのレスピーギ 「リュートのための古代舞曲とアリア」(第三組曲の第三曲)を聞いた。久しぶりだ。

音質だけで言ったら、これは相当落ちる。しかし音質なんかは問題ではない。

それがイ・ムジチのレスピーギ 「リュートのための古代舞曲とアリア」だ。

なぜかこの演奏からは戦争の匂いがする。1960年代の録音だから、もう戦争から15年経っているのに、この演奏はまるでレジスタンス青年へのレクイエムのように聞こえる。ベレエ帽をかぶってセピア色の写真から微笑みを投げかける兄へのレクイエムだ。

戦争の臭いのする演奏がもう一つある。ライナーの指揮するバルトークの弦・打・チェレスタのための音楽だ。

曲そのものが、ナチの弾圧を逃れアメリカに渡ったバルトークの曲で、迫り来る戦火の響を漂わせているが、ライナーはそれを直裁に抉り出す。これも60年前後の録音だ。

60年頃というのは、戦争のことなど思い出したくもなく無我夢中でやってきた人々が、戦争を忘れてはならないと思いなおした時期なのかもしれない。

イ・ムジチのレスピーギ 「リュートのための古代舞曲とアリア」(第三組曲の第三曲)を聞いた。久しぶりだ。

音質だけで言ったら、これは相当落ちる。しかし音質なんかは問題ではない。

それがイ・ムジチのレスピーギ 「リュートのための古代舞曲とアリア」だ。

なぜかこの演奏からは戦争の匂いがする。1960年代の録音だから、もう戦争から15年経っているのに、この演奏はまるでレジスタンス青年へのレクイエムのように聞こえる。ベレエ帽をかぶってセピア色の写真から微笑みを投げかける兄へのレクイエムだ。

戦争の臭いのする演奏がもう一つある。ライナーの指揮するバルトークの弦・打・チェレスタのための音楽だ。

曲そのものが、ナチの弾圧を逃れアメリカに渡ったバルトークの曲で、迫り来る戦火の響を漂わせているが、ライナーはそれを直裁に抉り出す。これも60年前後の録音だ。

60年頃というのは、戦争のことなど思い出したくもなく無我夢中でやってきた人々が、戦争を忘れてはならないと思いなおした時期なのかもしれない。

2月29日付朝日新聞(れんげ通信ブログ版より転載)

岩手県岩泉町の伊達勝身町長は、広域がれき処理について疑問を呈した。

現場からは納得できないことが多々ある。がれき処理もそうだ。あと2年で片付けるという政府の公約が危ぶまれているというが、無理して早く片付けなくてはいけないんだろうか。山にしておいて10年、20年かけて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。

もともと使ってない土地がいっぱいあり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこにあるのか。
 

J-cast ニュースはこの報道をフォローしている。

一方、被災地中最も多い610万トン以上(当初)のがれきを抱えた宮城県石巻市の担当者にきくと、がれき処理の遅れは「足かせ」になっており、広域処理への協力を「お願いしたい」と強調した。

注意しておきたいのは、石巻や釜石ではまだ仮置き場への集約が半分に留まっていることだ。つまり、分別・焼却以前の段階にとどまっているということであり、移送を云々する段階にはまだ到達していないということだ。


ということで、地域によりかなりの温度差がある。ニュースは次のようにも指摘している。

広域処理予定(約400万トン)は、全体の約2割程度でしかないことから、処理の遅れの理由は広域処理が進まないこととは別にある、との指摘も出ている。東京新聞は3月20日付朝刊で、「被災地での処理体制を見直すのが先決ではないか」と指摘した。

つまり、けっこう怪しいのである。


ただ、地元の声としてこういう要望があることを無視してはいけないし(誘導されている可能性もあるにせよ)、放射能の問題を理由に拒絶するのは(100%の見当違いではないにせよ)、地元の人にとって良い気分ではないだろう。

瓦礫受け入れを被災地との連帯の踏み絵にする議論は避けるべきだが、反対論を唱える人たちも、いまだ被災地の周囲に未処理の瓦礫が積まれたままであることを念頭に置き、拒絶的なものの言い方にならないよう慎重であるべきだろうと思う。

これはでっち上げられた不毛な争点である。反対とか賛成とか言う前に、そもそも問題設定の胡散臭さ、背後に垣間見える利権の影を衝くべきだろう。

2月29日付朝日新聞(れんげ通信ブログ版より転載)

岩手県岩泉町の伊達勝身町長は、広域がれき処理について疑問を呈した。

現場からは納得できないことが多々ある。がれき処理もそうだ。あと2年で片付けるという政府の公約が危ぶまれているというが、無理して早く片付けなくてはいけないんだろうか。山にしておいて10年、20年かけて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。

もともと使ってない土地がいっぱいあり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこにあるのか。
 

J-cast ニュースはこの報道をフォローしている。

一方、被災地中最も多い610万トン以上(当初)のがれきを抱えた宮城県石巻市の担当者にきくと、がれき処理の遅れは「足かせ」になっており、広域処理への協力を「お願いしたい」と強調した。

注意しておきたいのは、石巻や釜石ではまだ仮置き場への集約が半分に留まっていることだ。つまり、分別・焼却以前の段階にとどまっているということであり、移送を云々する段階にはまだ到達していないということだ。


ということで、地域によりかなりの温度差がある。ニュースは次のようにも指摘している。

広域処理予定(約400万トン)は、全体の約2割程度でしかないことから、処理の遅れの理由は広域処理が進まないこととは別にある、との指摘も出ている。東京新聞は3月20日付朝刊で、「被災地での処理体制を見直すのが先決ではないか」と指摘した。

つまり、けっこう怪しいのである。


ただ、地元の声としてこういう要望があることを無視してはいけないし(誘導されている可能性もあるにせよ)、放射能の問題を理由に拒絶するのは(100%の見当違いではないにせよ)、地元の人にとって良い気分ではないだろう。

瓦礫受け入れを被災地との連帯の踏み絵にする議論は避けるべきだが、反対論を唱える人たちも、いまだ被災地の周囲に未処理の瓦礫が積まれたままであることを念頭に置き、拒絶的なものの言い方にならないよう慎重であるべきだろうと思う。

これはでっち上げられた不毛な争点である。反対とか賛成とか言う前に、そもそも問題設定の胡散臭さ、背後に垣間見える利権の影を衝くべきだろう。


環境庁のホームページで見ると、
①全体の約4分の3について仮置場への搬入が完了した。 一次処理
②廃棄物処理施設での処理は7%にとどまる。 二次処理
③今後27基にのぼる仮設焼却炉が稼動する予定。
一日も早い復興に向け、岩手県では約57万トン、宮城県では約344万トンの広域処理が必要。
となっている。

つまり焼却炉が律速段階となっているということだ。
しかし27基の建設予定のうち実際に稼動開始したのは5基に留まる。ホームページの写真で見る限り、この設備は年余を要するような規模でもないし、それほど高額のものとも思えない。その気になれば1ヶ月で残り20数基を立ち上げるのは容易いのではないか。

復興に向けて急を要するのは瓦礫を撤去して仮置き場に集約する第一次処理で、その進捗状況が事態の緊急度を規定する。
復 興庁のホームページによると、仮置き場への搬入率は岩手で88%、宮城で74%となっている。この数字は釜石、石巻、松島の三市の遅れによるもので、これ を除けばほぼ完了しているといっていい。後はこの三市について周辺町村との交渉で仮置き場を確保すれば話はそれで終わりだ。

そのあとは、1,2年以内をメドとして両県合わせ400万トンの瓦礫を、仮焼却炉の処理能力で割れば何基の焼却炉が必要かは出てくる。話はそれほど難しくはない。その数字が出てから、感情論にならない話し合いをやればいい。そもそもそんなにもめる話ではないはずだ。

仮設焼却炉の処理能力は1日当たり100~150トンのようだ。年間にすると4万トンという計算になる。100基あれば1年で終わることになる。27基だと4年はたっぷりかかることになる。
1基あたりの金額は、これから調べてみる。


環境庁のホームページで見ると、
①全体の約4分の3について仮置場への搬入が完了した。 一次処理
②廃棄物処理施設での処理は7%にとどまる。 二次処理
③今後27基にのぼる仮設焼却炉が稼動する予定。
一日も早い復興に向け、岩手県では約57万トン、宮城県では約344万トンの広域処理が必要。
となっている。

つまり焼却炉が律速段階となっているということだ。
しかし27基の建設予定のうち実際に稼動開始したのは5基に留まる。ホームページの写真で見る限り、この設備は年余を要するような規模でもないし、それほど高額のものとも思えない。その気になれば1ヶ月で残り20数基を立ち上げるのは容易いのではないか。

復興に向けて急を要するのは瓦礫を撤去して仮置き場に集約する第一次処理で、その進捗状況が事態の緊急度を規定する。
復 興庁のホームページによると、仮置き場への搬入率は岩手で88%、宮城で74%となっている。この数字は釜石、石巻、松島の三市の遅れによるもので、これ を除けばほぼ完了しているといっていい。後はこの三市について周辺町村との交渉で仮置き場を確保すれば話はそれで終わりだ。

そのあとは、1,2年以内をメドとして両県合わせ400万トンの瓦礫を、仮焼却炉の処理能力で割れば何基の焼却炉が必要かは出てくる。話はそれほど難しくはない。その数字が出てから、感情論にならない話し合いをやればいい。そもそもそんなにもめる話ではないはずだ。

仮設焼却炉の処理能力は1日当たり100~150トンのようだ。年間にすると4万トンという計算になる。100基あれば1年で終わることになる。27基だと4年はたっぷりかかることになる。
1基あたりの金額は、これから調べてみる。

震災瓦礫の広域処理に対して全国各地で反対の声が上がっている。
その理由について調べてみた。
グーグルで検索したところ、みんな楽しくHappy♡がいい♪という沖縄の方のホームページがあり、そこに

誰にでも理解できる「瓦礫の広域処理が許されない12の理由」というのが載せられている。そのうち三つは「沖縄の場合」とされているので9つの理由ということになる。そのうち五つは放射能がらみのもので、宮城・岩手の場合には原則的には当てはまらない。ひとつは地方自治法違反という形式論理で、あまり説得力はない。クロムやアスベストの危険もおたがいさまだ。

こういう論理だと、理由を並べれば並べるほど、言い訳がましく聞こえるし、対立は感情的になってしまう。

問題は、瓦礫の広域処理は本当に必要なのか? 地元処理は本当に不可能なのか? ということではないか。私は「必要なら、不可能なら、受けるべきだ」という判断を打ち出すべきと思う。

なぜなら、どう考えても地元処理したほうがはるかに能率はいいと思うからだ。どうして地元処理できないのかがもう少し明らかにならないと、議論の土俵が出来上がらない。沖縄まで瓦礫を持ち込むということになると、さすがに金の臭いがしてくる。

そこで、「12の許されない理由」のうち、
(5)瓦礫の広域処理は国費から賄われ、被災者支援予算を圧迫する が唯一説得力を持つ。

岩手県岩泉町の伊達勝身町長が主張するように、
安全な瓦礫なら現地に仮設焼却炉を作るほうが経済的で、雇用の面から復興に役立ちます。
一方、危険な瓦礫なら、コンクリートで封じ込めるなどの対処法を考えるべきで、
遠方に運搬して汚染を拡大するべきではありません。
広域処理には膨大な輸送費や処理費がかかり、すべて国費からまかなわれます
それらの費用は、被災地に直接まわすほうが、より有効な支援になります。

たしかに費用計算をするまでもなく、例え焼却炉を建設したとしても、現地でやったほうが安上がりだ。現地でやれば雇用も生まれ、波及効果も生まれ、金が落ちる。場所がないとは言わせない。ほとんど限界集落だ。



震災瓦礫の広域処理に対して全国各地で反対の声が上がっている。
その理由について調べてみた。
グーグルで検索したところ、みんな楽しくHappy♡がいい♪という沖縄の方のホームページがあり、そこに

誰にでも理解できる「瓦礫の広域処理が許されない12の理由」というのが載せられている。そのうち三つは「沖縄の場合」とされているので9つの理由ということになる。そのうち五つは放射能がらみのもので、宮城・岩手の場合には原則的には当てはまらない。ひとつは地方自治法違反という形式論理で、あまり説得力はない。クロムやアスベストの危険もおたがいさまだ。

こういう論理だと、理由を並べれば並べるほど、言い訳がましく聞こえるし、対立は感情的になってしまう。

問題は、瓦礫の広域処理は本当に必要なのか? 地元処理は本当に不可能なのか? ということではないか。私は「必要なら、不可能なら、受けるべきだ」という判断を打ち出すべきと思う。

なぜなら、どう考えても地元処理したほうがはるかに能率はいいと思うからだ。どうして地元処理できないのかがもう少し明らかにならないと、議論の土俵が出来上がらない。沖縄まで瓦礫を持ち込むということになると、さすがに金の臭いがしてくる。

そこで、「12の許されない理由」のうち、
(5)瓦礫の広域処理は国費から賄われ、被災者支援予算を圧迫する が唯一説得力を持つ。

岩手県岩泉町の伊達勝身町長が主張するように、
安全な瓦礫なら現地に仮設焼却炉を作るほうが経済的で、雇用の面から復興に役立ちます。
一方、危険な瓦礫なら、コンクリートで封じ込めるなどの対処法を考えるべきで、
遠方に運搬して汚染を拡大するべきではありません。
広域処理には膨大な輸送費や処理費がかかり、すべて国費からまかなわれます
それらの費用は、被災地に直接まわすほうが、より有効な支援になります。

たしかに費用計算をするまでもなく、例え焼却炉を建設したとしても、現地でやったほうが安上がりだ。現地でやれば雇用も生まれ、波及効果も生まれ、金が落ちる。場所がないとは言わせない。ほとんど限界集落だ。



武雄市議会の議長が辞任したそうだ。
辞任の理由は「この2年間に江原議員と保守系無所属の議員に対し、あわせて2回懲罰を可決したことに責任をとる」というもの。
結果的に、武雄市民に海兵隊が殴りこみ部隊であることを認識してもらったことは大きな意義がある。
しかし、事実を知らせようとしないメディアとの闘いは始まったばかりだ。

この議長さん、ブログを開設していて、見たところバイク好きのネアカの体育会系とっちゃんだ。市長が陰険なデマを飛ばしているのとは対照的だ。
おおかた市長に「盟友」などとおだてられ、たぶらかされたのだろうが、これが怖い。
消防団のまじめな人たちがひとたびデマに踊らされれば、朝鮮人狩り、主義者狩りの殺人鬼となる。関東大震災の教訓だ。
好漢、自重せよ!

武雄市議会の議長が辞任したそうだ。
辞任の理由は「この2年間に江原議員と保守系無所属の議員に対し、あわせて2回懲罰を可決したことに責任をとる」というもの。
結果的に、武雄市民に海兵隊が殴りこみ部隊であることを認識してもらったことは大きな意義がある。
しかし、事実を知らせようとしないメディアとの闘いは始まったばかりだ。

この議長さん、ブログを開設していて、見たところバイク好きのネアカの体育会系とっちゃんだ。市長が陰険なデマを飛ばしているのとは対照的だ。
おおかた市長に「盟友」などとおだてられ、たぶらかされたのだろうが、これが怖い。
消防団のまじめな人たちがひとたびデマに踊らされれば、朝鮮人狩り、主義者狩りの殺人鬼となる。関東大震災の教訓だ。
好漢、自重せよ!

Trail Dog 0-1 sniffing around 

http://www.site-shara.net/traildog/

という、恐ろしくマニアックなサイトがあってアフガン問題をつぶさにフォローしている。とても読みきれないが、キアニを中心にパキスタンの大体の流れを追ってみる。


07年ムシャラフが大統領に選出された。このときムシャラフはキアニを後任の参謀長に指名している。

これはアメリカとの関連が強いキアニをすえることで、アメリカからの圧力を避けるという思惑もあったようだ。

キアニは就任前から国内のアルカイダ掃討作戦を仕切っていたが、就任後はアメリカの意を受け、作戦を強化した。

以下は07年10月、キアニがムシャラフ政権の下で軍参謀長(それまでムシャラフが兼任)に就任したときの記事。http://okigunnji.com/002/post_127.html

キヤニ大将は、タリバーン、アルカーイダとパキスタンの戦いの最前線に立ち、政治面でムシャラフ大統領を補佐してきた方です。八十年代と九十年代のブット政権では、二度にわたり大統領の副軍事補佐官を務めています。
今回の大統領選挙に当たっても、ブット女史といろいろ協議したようです。
「今回の選挙でムシャラフ氏が当選した最大の要因はキアニ中将の存在にある」という人もいます。

北西辺境州におけるタリバーン・アルカーイダ掃討作戦を通じて米国とパキスタンの接点となってきた方でもあり、米とパキスタンの良好な関係を作ってきたキーマンでもあります。


しかし当初は作戦が成功したように見えたものの、やがて戦闘はこう着状態に入り、出費は重くのしかかってきた。

一方では、パキスタン軍が多国籍軍の代理戦争を押し付けられた形になり、一方ではその戦争を支援するというかたちで多国籍軍の攻撃参加が押し付けられた。


08年9月、米国のマイケル・マレン統合参謀本部議長は、パキスタン領内の武装勢力の潜伏地域を攻撃する新戦略を明らかにした。

これはパキスタンの主権に対するあからさまな侵犯だ。キアニは多国籍軍の越境攻撃を非難し、「主権は死守されなければならない」と宣言した。

そもそも何のための戦争かといえば、アルカイダを駆逐するためだ。タリバンはアルカイダをかくまったというだけの話。気に入らないといっても抹殺する理由はない。

そこで、キアニはタリバンとアフガン政府の和平を実現することで、アルカイダの孤立を図ろうとした。

10年の6月、キアニはアフガンのカルザイ大統領と会談した。そして、タリバンの有力な一派で、“長い間パキスタンの盟友だった”ハッカーニの組織を政府内に取り込むように説得している。ハッカーニはアルカイダとの関係を断つ準備ができているとも語った。

キアニは同時にアメリカにもタリバンとの和解を持ちかけた。これはブッシュからオバマへの交代が和平の活発化に結びつくことを期待してのものだった。

しかし当初、提案を歓迎するかのようなポーズを示したオバマ政権に対し、米軍制服組が強烈に逆ねじを食わせた。

たしかにタリバン穏健派などという天使のような集団が存在する筈はない。強引に「天使」に仕立て上げようというだけの話だ。


11年9月、「天使」たちがしびれを切らして行動を起こした。ハッカニ・グループがカブールの米国大使館などをロケット弾で攻撃したのだ。

米国は激怒した。ムンター駐パキスタン大使は、「ハッカニグループとパキスタン政府との関係についての証拠がある」と吼えた。

マレン統合参謀本部議長は議会で、「パキスタン軍の情報機関ISIがハッカニを支援している」と証言した。米議会では、対パキスタン援助の全面停止論も持ち出された。

キアニは、「パキスタンがハッカニ・グループと関係があるとの発言は、事実に基づいておらず、とても残念」としらを切った。


アメリカの怖いのは、ただちに行動に移すことだ。

同じ9月には、ザルダリ政権がパキスタン軍によるクーデター阻止などを米軍首脳に要請したとされるメモ疑惑が発覚した。

クーデター阻止の要請というのは、米軍の侵攻を要請するということだ。

現に、5月に米コマンド部隊がパキスタン領内に侵入し、潜伏中のオサマ・ビン・ラディンを殺害したのは、侵略行為そのものだ。

降下先がキアニの家であったとしても何の不思議もない話である。


キアニはこのメモ疑惑で完全にプッツンした。

状況は破滅的だ。アフガン国境地帯で領土侵犯は日常茶飯事に行われている。それは下記の記事を見ても明らかだ。

パキスタン軍の報道官は、この3年間でNATO軍の攻撃により、パキスタンの兵士72名が死亡し、他250名が負傷したとしています。当局は、「これらの攻撃が故意によるものではなかった、とする言い訳は、一切認めない」と語りました。


今年1月、最高裁のチョードリー長官は、ザルダリ政権の要であるギラニ首相に出廷するよう命じた。最高裁といったってそんな権力があるわけではない。ザルダリ政権を縛りつけるためのキアニの差し金である。

「合法的」な装いをとってはいるものの、事実上のクーデターに近い効果を持っていると見てよい。

その上で、キアニは活発に動き始めた。温家宝首相と北京で会談、温家宝は「パキスタン政府と軍、人民が団結して努力し、困難に打ち勝つことができると信じている」と述べた。

そういう流れの上で、今回の対インド姿勢の転換がある。中国・インドとの関係を強化することで国の主権を守ろうとする路線が見えてきた。

問題は、この路線を国民が支持するか否かだが、過去の選挙で見る限り、軍政への嫌悪感が充満していることも間違いない。

この状況は、一見、パナマのノリエガ政権の末期にも似ている。しかしキアニはもっとまじめな男だと思う。

サイはすでに投げられた。行方を見守ろう。

Trail Dog 0-1 sniffing around 

http://www.site-shara.net/traildog/

という、恐ろしくマニアックなサイトがあってアフガン問題をつぶさにフォローしている。とても読みきれないが、キアニを中心にパキスタンの大体の流れを追ってみる。


07年ムシャラフが大統領に選出された。このときムシャラフはキアニを後任の参謀長に指名している。

これはアメリカとの関連が強いキアニをすえることで、アメリカからの圧力を避けるという思惑もあったようだ。

キアニは就任前から国内のアルカイダ掃討作戦を仕切っていたが、就任後はアメリカの意を受け、作戦を強化した。

以下は07年10月、キアニがムシャラフ政権の下で軍参謀長(それまでムシャラフが兼任)に就任したときの記事。http://okigunnji.com/002/post_127.html

キヤニ大将は、タリバーン、アルカーイダとパキスタンの戦いの最前線に立ち、政治面でムシャラフ大統領を補佐してきた方です。八十年代と九十年代のブット政権では、二度にわたり大統領の副軍事補佐官を務めています。
今回の大統領選挙に当たっても、ブット女史といろいろ協議したようです。
「今回の選挙でムシャラフ氏が当選した最大の要因はキアニ中将の存在にある」という人もいます。

北西辺境州におけるタリバーン・アルカーイダ掃討作戦を通じて米国とパキスタンの接点となってきた方でもあり、米とパキスタンの良好な関係を作ってきたキーマンでもあります。


しかし当初は作戦が成功したように見えたものの、やがて戦闘はこう着状態に入り、出費は重くのしかかってきた。

一方では、パキスタン軍が多国籍軍の代理戦争を押し付けられた形になり、一方ではその戦争を支援するというかたちで多国籍軍の攻撃参加が押し付けられた。


08年9月、米国のマイケル・マレン統合参謀本部議長は、パキスタン領内の武装勢力の潜伏地域を攻撃する新戦略を明らかにした。

これはパキスタンの主権に対するあからさまな侵犯だ。キアニは多国籍軍の越境攻撃を非難し、「主権は死守されなければならない」と宣言した。

そもそも何のための戦争かといえば、アルカイダを駆逐するためだ。タリバンはアルカイダをかくまったというだけの話。気に入らないといっても抹殺する理由はない。

そこで、キアニはタリバンとアフガン政府の和平を実現することで、アルカイダの孤立を図ろうとした。

10年の6月、キアニはアフガンのカルザイ大統領と会談した。そして、タリバンの有力な一派で、“長い間パキスタンの盟友だった”ハッカーニの組織を政府内に取り込むように説得している。ハッカーニはアルカイダとの関係を断つ準備ができているとも語った。

キアニは同時にアメリカにもタリバンとの和解を持ちかけた。これはブッシュからオバマへの交代が和平の活発化に結びつくことを期待してのものだった。

しかし当初、提案を歓迎するかのようなポーズを示したオバマ政権に対し、米軍制服組が強烈に逆ねじを食わせた。

たしかにタリバン穏健派などという天使のような集団が存在する筈はない。強引に「天使」に仕立て上げようというだけの話だ。


11年9月、「天使」たちがしびれを切らして行動を起こした。ハッカニ・グループがカブールの米国大使館などをロケット弾で攻撃したのだ。

米国は激怒した。ムンター駐パキスタン大使は、「ハッカニグループとパキスタン政府との関係についての証拠がある」と吼えた。

マレン統合参謀本部議長は議会で、「パキスタン軍の情報機関ISIがハッカニを支援している」と証言した。米議会では、対パキスタン援助の全面停止論も持ち出された。

キアニは、「パキスタンがハッカニ・グループと関係があるとの発言は、事実に基づいておらず、とても残念」としらを切った。


アメリカの怖いのは、ただちに行動に移すことだ。

同じ9月には、ザルダリ政権がパキスタン軍によるクーデター阻止などを米軍首脳に要請したとされるメモ疑惑が発覚した。

クーデター阻止の要請というのは、米軍の侵攻を要請するということだ。

現に、5月に米コマンド部隊がパキスタン領内に侵入し、潜伏中のオサマ・ビン・ラディンを殺害したのは、侵略行為そのものだ。

降下先がキアニの家であったとしても何の不思議もない話である。


キアニはこのメモ疑惑で完全にプッツンした。

状況は破滅的だ。アフガン国境地帯で領土侵犯は日常茶飯事に行われている。それは下記の記事を見ても明らかだ。

パキスタン軍の報道官は、この3年間でNATO軍の攻撃により、パキスタンの兵士72名が死亡し、他250名が負傷したとしています。当局は、「これらの攻撃が故意によるものではなかった、とする言い訳は、一切認めない」と語りました。


今年1月、最高裁のチョードリー長官は、ザルダリ政権の要であるギラニ首相に出廷するよう命じた。最高裁といったってそんな権力があるわけではない。ザルダリ政権を縛りつけるためのキアニの差し金である。

「合法的」な装いをとってはいるものの、事実上のクーデターに近い効果を持っていると見てよい。

その上で、キアニは活発に動き始めた。温家宝首相と北京で会談、温家宝は「パキスタン政府と軍、人民が団結して努力し、困難に打ち勝つことができると信じている」と述べた。

そういう流れの上で、今回の対インド姿勢の転換がある。中国・インドとの関係を強化することで国の主権を守ろうとする路線が見えてきた。

問題は、この路線を国民が支持するか否かだが、過去の選挙で見る限り、軍政への嫌悪感が充満していることも間違いない。

この状況は、一見、パナマのノリエガ政権の末期にも似ている。しかしキアニはもっとまじめな男だと思う。

サイはすでに投げられた。行方を見守ろう。

前回、パキスタンの記事を書いていて気になったのだが、日本で帝国陸軍の参謀総長というのは、偉いといえば偉いのだが、軍のヒエラルキーのトップというわけではない。鈴木壮六とか金谷範三などといわれても分かりません。

それが最高権力者のようにあつかわれているのはなぜか、気になってインターネットをあたってみた。

まずはこの記事

パキスタンに「軍政」への足音高まる 米国も認める「キアニ陸軍参謀長」

これは「選択」という雑誌のネット版。かなり長い記事だが、要約を紹介する。

①タリバンのテロ攻勢は、パキスタン領土内でも激しさを増してきた。

②ザルダリ大統領=ギラーニ首相の文民政権は、発足二年目に入って、早くも危機管理能力が問われはじめた。

③タリバンの勢力拡大に対する現政権の対応が限界に達した場合、軍事政権が登場するシナリオは十分ある。

軍には、国民から強い信頼を集める人物が存在している。アシュファク・キアニ陸軍参謀長だ。

⑤父はパンジャブ州の中級公務員。ムシャラフ前大統領と同様にジョージア州フォートベニングの陸軍歩兵学校に留学、米軍幹部との友好関係を持つ。

⑥軍情報機関(ISI)のトップにいた経験から、タリバンの内情に詳しく、米政府に対する影響力も強い。

キアニ参謀長 がいま注目されているのは、タリバンとの「一時停戦」という判断だ。

①ペシャワールの北八十キロにある北西辺境州(NWFP)の観光地、スワット渓谷では、タリバンの進出が目覚ましい。アルカーイダのテロリストもタリバンに変装して潜入しているとの情報もある。

②軍は監視ポストを設け、戦闘態勢に入ったが、戦況は一向に好転しない。タリバンは政府軍寄りの住民 を拘束し、見せしめのために殺害している。新婚旅行の名所とも言われた観光地は、殺戮の戦場と化してい る。

③地元州政府は昨年二月からタリバンと停戦交渉に入った。軍はこの地域での戦闘を一時見合わせ、州政府の停戦交渉を見守ることとした。

④アフガニスタンでNATO軍部隊が掃討作戦を展開する中、パキスタン側がタリバンとの交渉を始めたのは異例である。交渉の背後にキアニ参謀長がいることは疑いない。

⑤タリバン側は、「シャリア法を認めるなら停戦に応じる」という条件を出し、昨年4月、州政府はこれを受け入れた。ザルダリ大統領もこの協定に署名した。(タリバンの言う“シャリア法”は、 女子の労働や勉学の禁止など、女性の人権を侵害する前近代的なもの)

⑤キアニ参謀長のねらいは、タリバンの穏健派と武闘派を分断し、タリバンの陰に隠れるアルカーイダを「炙り出す」ことにある。オバマ政権もこの作戦を受け入れ、クリントン国務長官が「穏健派タリバン との交渉もありえる」と発言している。


Kiani で引いていたら下記のページがでてきた。

Tuk Tuk - Hadiqa Kiani

ボリウッド映画風の踊りが入って、軽い乗りで、ええです。

この動画のコメントが面白い。

Oh my god.Hadiqa went the bollywood route too. The indianization of Pakistani society is so sad and deplorable

察するに、パキスタン国内では相当の人気歌手のようです。いまだに片意地張っているが、インドの成功を妬んでいる国粋主義者から襲われなければよいが…

前回、パキスタンの記事を書いていて気になったのだが、日本で帝国陸軍の参謀総長というのは、偉いといえば偉いのだが、軍のヒエラルキーのトップというわけではない。鈴木壮六とか金谷範三などといわれても分かりません。

それが最高権力者のようにあつかわれているのはなぜか、気になってインターネットをあたってみた。

まずはこの記事

パキスタンに「軍政」への足音高まる 米国も認める「キアニ陸軍参謀長」

これは「選択」という雑誌のネット版。かなり長い記事だが、要約を紹介する。

①タリバンのテロ攻勢は、パキスタン領土内でも激しさを増してきた。

②ザルダリ大統領=ギラーニ首相の文民政権は、発足二年目に入って、早くも危機管理能力が問われはじめた。

③タリバンの勢力拡大に対する現政権の対応が限界に達した場合、軍事政権が登場するシナリオは十分ある。

軍には、国民から強い信頼を集める人物が存在している。アシュファク・キアニ陸軍参謀長だ。

⑤父はパンジャブ州の中級公務員。ムシャラフ前大統領と同様にジョージア州フォートベニングの陸軍歩兵学校に留学、米軍幹部との友好関係を持つ。

⑥軍情報機関(ISI)のトップにいた経験から、タリバンの内情に詳しく、米政府に対する影響力も強い。

キアニ参謀長 がいま注目されているのは、タリバンとの「一時停戦」という判断だ。

①ペシャワールの北八十キロにある北西辺境州(NWFP)の観光地、スワット渓谷では、タリバンの進出が目覚ましい。アルカーイダのテロリストもタリバンに変装して潜入しているとの情報もある。

②軍は監視ポストを設け、戦闘態勢に入ったが、戦況は一向に好転しない。タリバンは政府軍寄りの住民 を拘束し、見せしめのために殺害している。新婚旅行の名所とも言われた観光地は、殺戮の戦場と化してい る。

③地元州政府は昨年二月からタリバンと停戦交渉に入った。軍はこの地域での戦闘を一時見合わせ、州政府の停戦交渉を見守ることとした。

④アフガニスタンでNATO軍部隊が掃討作戦を展開する中、パキスタン側がタリバンとの交渉を始めたのは異例である。交渉の背後にキアニ参謀長がいることは疑いない。

⑤タリバン側は、「シャリア法を認めるなら停戦に応じる」という条件を出し、昨年4月、州政府はこれを受け入れた。ザルダリ大統領もこの協定に署名した。(タリバンの言う“シャリア法”は、 女子の労働や勉学の禁止など、女性の人権を侵害する前近代的なもの)

⑤キアニ参謀長のねらいは、タリバンの穏健派と武闘派を分断し、タリバンの陰に隠れるアルカーイダを「炙り出す」ことにある。オバマ政権もこの作戦を受け入れ、クリントン国務長官が「穏健派タリバン との交渉もありえる」と発言している。


Kiani で引いていたら下記のページがでてきた。

Tuk Tuk - Hadiqa Kiani

ボリウッド映画風の踊りが入って、軽い乗りで、ええです。

この動画のコメントが面白い。

Oh my god.Hadiqa went the bollywood route too. The indianization of Pakistani society is so sad and deplorable

察するに、パキスタン国内では相当の人気歌手のようです。いまだに片意地張っているが、インドの成功を妬んでいる国粋主義者から襲われなければよいが…

率直に言って、南アジアと中東の平和にとってパキスタン軍部の“膨張主義”は重大な障害となってきた。
たしかにイスラム教徒は旧インドにおける被抑圧階層であり、その被害者意識も理解できないではない。
しかしそれが裏返しの“ミニ大国主義”として表現されるのを合理化することは出来ない。結局のところそれが大国の介入を招き、パキスタンの経済発展の遅れをもたらしたのも明らかである。

そのパキスタン軍部に、このところ転換への兆しが見え始めた。まだはっきりとした路線として打ち出されたわけではないが、ふたつの報道にそれが垣間見える。

ひとつはカシミールの山岳地帯での雪崩で駐屯部隊が生き埋めになった事件である。現場を視察に訪れたキアニ参謀総長は、「印パ両軍がこの地域から部隊を撤退させるべきだ。領有権問題は両国のリーダーシップにかかっている」と語った。
これは最近進んでいる首脳間対話を後押しするものだが、軍トップがこれほどはっきりと意思表明したことの意義は大きい。
数年前のムンバイでの決死隊による武装作戦は、印パ政府の宥和を嫌ったパキスタン軍部の差し金であったことが明らかになっている。
この記者会見ではキアニ参謀総長はさらに踏み込んだ発言を行っている。
「人々の福祉に努力を集中させるためには、両国の平和的共存が重要だ。国防支出は減らすほうがいい」


しかしこのことが分かるまでに、軍部はどれだけ国民に負担を強いたことだろうか。かたやインドがBRICSの一員として経済発展を遂げ、国際社会に重みを増しているのに引き換え、パキスタンはいまや最貧国の仲間入り寸前の有様だ。

インドと対抗するために中国に近寄り、その次はアメリカに摺りより、アフガンを影響下に入れようとし、いまは米軍とタリバンの板ばさみにあって身動きが取れなくなっている。



もう一つの報道は、インドの新型長距離ミサイル実験に関する政府発言。

19日、パキスタン外務省報道官は、「インドは実験前に連絡をしてきた」と評価し、特段問題視しない考えを示しました。
インドと過去に三度戦火を交えたパキスタンとしては異例の抑制した反応となりました。

これは軍の了解があってのことだろうが、それにしても信じられないほどの“抑制”振りである。

もちろん、タリバンとの関係というもう一つの大問題を抱えているパキスタン軍部だが、そのうちさらに大きな変更が登場してくるかもしれない。
期待を持って見守って行きたい。

率直に言って、南アジアと中東の平和にとってパキスタン軍部の“膨張主義”は重大な障害となってきた。
たしかにイスラム教徒は旧インドにおける被抑圧階層であり、その被害者意識も理解できないではない。
しかしそれが裏返しの“ミニ大国主義”として表現されるのを合理化することは出来ない。結局のところそれが大国の介入を招き、パキスタンの経済発展の遅れをもたらしたのも明らかである。

そのパキスタン軍部に、このところ転換への兆しが見え始めた。まだはっきりとした路線として打ち出されたわけではないが、ふたつの報道にそれが垣間見える。

ひとつはカシミールの山岳地帯での雪崩で駐屯部隊が生き埋めになった事件である。現場を視察に訪れたキアニ参謀総長は、「印パ両軍がこの地域から部隊を撤退させるべきだ。領有権問題は両国のリーダーシップにかかっている」と語った。
これは最近進んでいる首脳間対話を後押しするものだが、軍トップがこれほどはっきりと意思表明したことの意義は大きい。
数年前のムンバイでの決死隊による武装作戦は、印パ政府の宥和を嫌ったパキスタン軍部の差し金であったことが明らかになっている。
この記者会見ではキアニ参謀総長はさらに踏み込んだ発言を行っている。
「人々の福祉に努力を集中させるためには、両国の平和的共存が重要だ。国防支出は減らすほうがいい」


しかしこのことが分かるまでに、軍部はどれだけ国民に負担を強いたことだろうか。かたやインドがBRICSの一員として経済発展を遂げ、国際社会に重みを増しているのに引き換え、パキスタンはいまや最貧国の仲間入り寸前の有様だ。

インドと対抗するために中国に近寄り、その次はアメリカに摺りより、アフガンを影響下に入れようとし、いまは米軍とタリバンの板ばさみにあって身動きが取れなくなっている。



もう一つの報道は、インドの新型長距離ミサイル実験に関する政府発言。

19日、パキスタン外務省報道官は、「インドは実験前に連絡をしてきた」と評価し、特段問題視しない考えを示しました。
インドと過去に三度戦火を交えたパキスタンとしては異例の抑制した反応となりました。

これは軍の了解があってのことだろうが、それにしても信じられないほどの“抑制”振りである。

もちろん、タリバンとの関係というもう一つの大問題を抱えているパキスタン軍部だが、そのうちさらに大きな変更が登場してくるかもしれない。
期待を持って見守って行きたい。

文章がどこに行ったか分からなくなり、仕方なくカテゴリー分けを始めました。
新しいものから順番に初めて、今は11月分まで来ています。週末に作業します。
独立した文章にすべきものは、おいおいホームページのほうに転載していきたいと思います。
それまでのあいだ御不便おかけすることになると思いますが、よろしくお願いいたします

文章がどこに行ったか分からなくなり、仕方なくカテゴリー分けを始めました。
新しいものから順番に初めて、今は11月分まで来ています。週末に作業します。
独立した文章にすべきものは、おいおいホームページのほうに転載していきたいと思います。
それまでのあいだ御不便おかけすることになると思いますが、よろしくお願いいたします

↑このページのトップヘ