といったら、ちゃんとそういう研究があった。

遺跡からみた大阪平野と人間の歴史 国府遺跡から古墳の終末まで」というレビューで、著者は同志社大学の森 浩一という先生。

以下は抜き書き

①はじめに 略

②旧石器の時代

ここではまず≪国府遺跡の研究史≫から始められている。

大正6年に発掘が始められた。幸運にもまたある意味では不幸にも縄文時代の大きな墓地にあたってしまった.そのため当初の目的であった旧石器時代の存在の証明は脇に追いやられてしまった。

戦後ふたたび発掘が行われ、縄文の墓地の層のすぐ下の洪積層の中から先土器時代のおびただしい数の石器が出土した.

見つかっている遺物が打製石器だけなので、それ以上の検討は難しい。しかし,その当時の人が狩猟に重点をおいていたことは,残されている石器群からも考えることができる.

この時代はウルム氷期にあり、海岸線はもっと沖合だったろう。

③繩文遺跡と土器の文化

おそらく大阪は,全国的にも最も縄文遺跡の少ない地帯の一つだろう.遺跡は圧倒的に東日本に偏在している。

つまり旧石器人と縄文人のあいだには断絶があるということだ。旧石器人も縄文人も樺太経由だとすれば、大阪でさえ旧石器人が絶滅したということは、日本中全滅ということだろう。縄文人は日本列島という無人の野に進出してきたことになる。

ただ大阪の縄文遺跡の多くは地中深く眠っている可能性がある。河内湖は大和川と淀川の氾濫原であり、湖岸の遺跡は沖積層の奥にしまわれているかもれない。

縄文は狩猟漁撈で,弥生は水稲栽培という方程式が先入観としてあるが,実は一般にいわれているほどにはわかっていない。

縄文文化は大量の土器を残している.これほど大量の土器が日常生活のなかで何に使われたかという問題は未解決である.

ふつう土器文化は,農耕社会の必要の中で生まれる。縄文時代は,本当に狩猟・漁撈の文化であったのかという問題と繋がる。

④弥生文化の諸相

本格的な弥生文化が北九州で始まるのは、紀元前3~2世紀頃である。北九州では弥生文化の最初の時期は,縄文土器の伝統を残した夜臼式土器と弥生的な板付式土器が共存している.

留意すべきはその時北九州には縄文文化が先住していたということである。

すなわち縄文文化は東北・北海道に始まって、数千年を経て日本全土に拡大していたということである。他に流入元がないとすれば、それは薩摩・沖縄にまで達していたと考えられる。

縄文人(夜臼式土器の使用者)は水田耕作を取り入れている。大阪の船橋遺跡、堺の四ツ池遺跡では低地の水田耕作を行っているが、縄文式土器を使用している。

ただ、これと並行して木のスキやクワ,石包丁などの弥生式生活のセットの受容も行われたのかどうかは不明である。

≪大集落の出現≫

弥生前期になると,大阪では縄文時代の遺跡とはちがってきわめて明確な遺跡が各地に出てくる.

西暦紀元前3~2世紀ごろになると,活動の活発さは,縄文時代とは比較にならないほど激しくなり,大集落がどんどん形成される.

おそらくこれが最大の問題であろう。「それを担ったのは縄文人なのか弥生人なのか」だ。後世との関係で言えば銅鐸人なのか天孫系なのかという問題でもある。

平面規模で南北・東西が300~400mにおよんでいるものもあり,室町時代に比べ遜色ない。発掘される土器の量もきわめて大量である.銅鐸をはじめ多くの銅製品も作られている。

我々は弥生の集落を過小評価していたかも知れない。

池上遺跡(泉大津)は弥生時代中期に属する環濠集落。東西・南北400mの集落で、幅8m程の堀がめぐらされている。

これは規模の大きさとともに、人間が争う社会に移行したことを示す。人は生産のためだけでなく防衛のためにも集合した可能性がある。

豊中市の勝部遺跡では,木棺の中に埋葬されていた人体の腰のあたりに石の槍がささったままであったが,これは戦闘の跡と考えられている。

果たして共同体同士の縄張り争いにこれほどの防衛が必要だろうか。私は、これは海賊に対する防衛だろうと考える。カリブの歴史を考えると、海岸都市の発達は結果として海賊がもたらしたといえる。彼らはめっぽう強く、残虐である。根こそぎに略奪し皆殺しもいとわない。

≪銅鐸をめぐって≫

銅鐸のほとんどは弥生時代の終る頃に地上から姿を消している.消滅ではなく破棄された可能性が高い。木っ端微塵に割られた銅鐸の破片も見つかっている。

⑤古墳前期の文化

≪前方後円墳の出現≫

高地性集落がなくなった(海賊の心配がなくなった。なぜなら海賊が今や支配者となったから)。銅鐸が木端微塵にされて消え去った(なぜなら旧支配層のシンボルだったから)。

そのころから大阪の各地に一人の人間のために大きな墓が造られてくる.それが古墳時代の始まりである。

大阪の前期古墳群は大和川の流入部と淀川の流入部に局在するので、建設費は通行料を当てにしていたことが分かる。

⑥古墳中期の文化

≪巨大古墳造築の背景≫

大阪に巨大古墳が作られた理由は、南朝鮮に軍事出兵をするために大阪の土地が重要になって,墓を大阪に造ったのだと言われてきたが、いまこの説を支持する人は誰も居ない。

河内湖の大規模灌漑事業が大規模政権を生んだことは間違いなさそうだが、それがどういう政権なのかは分からない。

河内湖と大阪湾を東西に結んだ上町堀江の開削は、大仙古墳を作るよりはるかに大規模な難工事であったと思われる。

古墳時代中期の大阪の巨大古墳が大和政権の墓地地帯であったというかつての考え方は,実体とはほど遠いものと思われる.

≪日本古代史と中期古墳群≫

古市・百舌鳥の古墳群は,普通,古市古墳群,百舌鳥古墳群の2つに分けられる。

東西が帯のように連らなっていて,その中央部には北限に謎の大古墳,河内大塚がある。東西が帯のように連らなっていて,その中央部には北限に謎の大古墳,河内大塚がある(古墳後期?)

南限に位置する古墳が黒姫山である.ここからは鉄製の甲冑が24組も出ている。

≪馬の文化≫

西暦500年を前後として、5~6世紀になると乗馬の風習が急激に普及してくる.これは須恵器の普及と軌を一にしているといわれ、北九州を介した朝鮮との交流が示唆される。

馬といえば騎馬民族を想像してしまう。巨大古墳の頃に,馬の文化をはじめ北方系の文化や武器類が出土する.それは江上波夫氏の「騎馬民族征服王朝説」の傍証ともなるかもしれない。


ということで、非常に示唆に富む文章であった。

もう眠いのでとりあえず終わり。

無知とは恐ろしいもの。この先生考古学の大御所らしい。大御所と言っても京大の某先生みたいなのいるが、この人の言うのはまともで、かつ柔軟だ。聞いたことなかったから左翼ではなさそうだ。