赤旗に内橋克人さんの発言が掲載されている。
そのなかで、「なるほど」と思ったことがある。
GPIF(公的年金の資金を運用する独立行政法人)が、国債による運用を減らして株式による運用比率を50%に増やすと発表しました。
GPIFが売る国債を日銀が買う。見え透いたことです。
「なるほど、そういうこともあるのだな」と思った。
現在日銀は異次元緩和で日銀券を垂れ流しているが、それは何かの「金融商品」と引き換えでなければならない。
当面買うのは国債なのだが、もう全部買い占めてしまって、市場に国債はない。仕方がないから投資信託や不動産証券などヤバいものにも手を出さざるを得なくなっている。これはさすがに評判が悪い。すると、日銀としては次に緩和策をとろうとしても、手立てがなくなってしまう。
担保がなければ、貸したくても貸せないわけだ。
そこで年金運用機構が持っている国債に目をつけた。
年金運用機構が持っている莫大な国債を吐き出させれば、ほとんど無尽蔵だ。そのためには年金運用機構にリスクを負わせれば良い、という寸法だ。
うーむ、知恵者がいる。日銀の第二次緩和と運用機構の株式運用比率引き上げが同日に発表されたというのもそういう意味だったのか。
ひとつ利口になりました。