前の東京都知事選挙の統一候補、宇都宮健児さんが共産党の応援演説に立った。
演説の要旨
富裕層と大企業への課税強化こそだいじだ。それを提案しているのは共産党だけだ。
消費税増税ストップとあわせ、実現できるかどうかは共産党の前進にかかっている。
格差を広げる安倍政権の暴走にブレーキをかける一番確かな担保は、共産党が前進することだ。
いうことはいちいちごもっともなんだけど、彼はもともと無党派革新層に厚い支持を持っている人物。
これでは次の都知事選の目がなくなるのではないかと、ちょっと心配だが…