5.「利子生み資本論」のイントロ

前節で、第5章の粗々の筋を述べたが、もっとも肝心な部分は第5節にふくまれていて、それまでの4つの節は、第5節のためのイントロみたいになっている。

では金融市場はいかに成立し、いかに機能し、そこにどのように利子生み資本が投入されるか。

という部分が、それに当たるのだろうと思う。

この4つの節(エンゲルス版では第21章から第24章までの4章)について、大谷さんはさらりと流れを述べている。あくまでも本チャンは第5節にあるのだ。

ところがぎっちょん、本人はさらりのつもりが、こちらには全然さらりではない。

もう一つ別の参考書を読まないと、とてもついていけないのである。

と言いつつ、とりあえず書き出してみる。かなり的を外しているかもしれないがご容赦を。いづれ修正を加えることを約束します。

 

A 利子生み資本の理論的展開

貨幣市場では、貨幣が商品として売買されている。なぜならここでは貨幣が資本という性質を持つからである。

貨幣は、資本として機能すれば平均利潤をもたらす。つまり利潤をもたらすという使用価値を持つ商品なのである。

利子はその商品の価格として現れる。これは実は、貨幣が生産的資本として機能することによって生み出される平均利潤なのである。

ここまでが第1節、つまり第21章だ。本質論に沿った展開だから分かりにくいが、現代の金融市場、とくに債券市場に当てはまれば分かリやすくなる。

貨幣というのは債券の意味だ。貨幣市場というのは債券市場のことだ。マルクスの時代の主要な金融市場は債券の売買だった。今よりはるかに単純だったのだ。

債券は会社にとってはお金と同じだ。これを資本として工場を建て、労働者を雇い、材料を買い商品を生産する。その儲けの一部は債券の利子となって出資者に戻される。

出資者にしてみれば債券を購入することで利潤を得ることになる。この際、債券の価格は利子を上乗せした額となっている。(購入価格は割引されている)

すなわちそれは,本質的には産業資本が生産過程で取得する剰余価値の一部分にほかならない。しかしそれ(利子生み資本)は生産過程から自立している。

そこでは再生産過程における生産的資本の運動はすっかり消え失せている。

おそらく、産業資本と直接向き合う銀行家にはこれらは自明のことだが、一般投資家は銀行が作り出したさまざまな金融商品を利率やリスクなどを勘案しながら購入するので、彼らの眼にはこれらの本態は消え失せている。

ということなら、分かるだろう。


今日はあまり調子が上がらないので、ここでやめておく。明日は外で飲むので、またサボるかもしれない。