今朝のNHKニュース。

RSウイルス感染症 西日本中心に流行

国立感染症研究所によりますと、今月12日までの1週間に全国およそ3000の小児科の医療機関で、新たにRSウイルス感染症と診断された患者は2946人で、5週連続で3000人近い患者が報告されています。
都道府県別では、最も多いのが大阪府で285人、次いで福岡県が244人、東京都が236人、熊本県が197人などとなって…
ときたもんだ。風邪なんていうものは天気と同じで西から東に向かうに決まっている。東京で流行るかどうかが決め手だが、東京で流行れば2,3週後には北海道にも上陸する可能性が高い。

ただこのウィルス、インフルエンザと違って同心円上に波及するとは限らない。飛び石型というか、例えは悪いがエボラ型のパターンだ。

おそらく1メートル以内の濃厚接触で感染が成立すると思われる。したがって、爆発的な集団発生には職員が関与している可能性が否定出来ない。