コミナーティのラヴェル・ピアノ曲がYouTubeで聞ける。
まだ全部聞いたわけではないが、ラ・ヴァルスはいける。
今まではユジャ・ワンを聞いていたが、やはり弾き込み具合が違う。
多分ユジャ・ワンも、いずれどこかで路線を変更するだろうから、それまでのお楽しみとしておく。ユンディ・リーと違って、速いだけではない“伸びしろ”を持っている。