倉田 稔「小林多喜二の東京時代」という研究論文がある。
小樽商大の雑誌に掲載されたもので、かなり浩瀚である。
手塚英孝と多喜二とふじ子の関係についてもよく分かる。
一読をおすすめする。
いささか疲れたので、紹介するのはやめておく。