Livedoor Blog における記事一覧表の作成法

を作ろうとしている。

小保方さんではないが、実験ノートを作りながらやっていくことにする。

そういうソフトがないかまずは探す。そんなものはない。

HTML 画面でエディターを使って作成する方法が書いてあるが、私ごときに歯が立つようなものではない。

「これまでの記事」

というページに一覧表は出てくる。これを使うしか手はないだろう。

一番簡単なのはこれをHTMLエディターにコピーしてそのままホームページに載せることだ。

これは今までもやっていたことだ。

しかしこれではリンクが編集画面になってしまうから、私以外の人には使いようがない。

そこで、「記事の題名をコピーしてグーグルの検索窓にペーストしてください」ということになる。そんなことは私以外に誰もやるはずがない。

山口孤剣のすげえ歌

をクリックすると、

http://livedoor.blogcms.jp/blog/shosuzki/article/edit?id=11315551

というページが開く。と言ってもIDと暗証番号を入れない限り読めない。それはさすがに教えられない。

それでは「山口孤剣のすげえ歌」を出すにはどうしたら良いか。

ブログの元ページの

のタイトルをダブルクリックすると、この記事が単品で出てくる。

この記事のURLは

http://shosuzki.blog.jp/archives/11315551.html

になっている。

つまり、「これまでの記事」のリンク先を

http://livedoor.blogcms.jp/blog/shosuzki/article/edit?id=11315551

から

http://shosuzki.blog.jp/archives/11315551.html

に変更してやればいいわけだ。

ということは、HTMLエディターで

<a href="http://livedoor.blogcms.jp/blog/shosuzki/article/edit?id=11315551">の

livedoor.blogcms.jp/blog/shosuzki/article/edit?id=

の部分を

shosuzki.blog.jp/archives/

に一括変換すればいいわけだ。

ただし、後ろに

.html

を着けなければならない。

着けなくても行ってくれればいいのだが…

試しに着けないでURL窓に入れてみる。

404 Not Found この記事は存在しないか、すでに削除されています。

と出てきた。

さあどうしよう。

むかしMS・DOSでやったみたいにワイルドカード(*)でこなせられる方法はないものか。多分ダメだろう。

<a href="http://livedoor.blogcms.jp/blog/shosuzki/article/edit?id=11315551">

の "> のところを .html">

と置換する方法はありそうだ。余分なところまで置換してしまう危険はあるが、ダメでもともと、やってみよう。

これまでの記事は2689本ある。これをそのまま並べたのでは一覧表にはでかすぎる。

カテゴリ別の一覧表にする他ない。

それ以外に、例えば「年表」の一覧表など、トピック別の一覧表も必要になるだろう。

まずはカテゴリの一覧表。これだけでもごちそうさまという感じ。

01 国際政治/経済

A 国際政治
A 各国民主運動
A 国際政治/アメリカ
B 国際政治/ヨーロッパ
C 国際政治/アジア
E 国際/中東
E 国際政治/アフリカ
F 国際経済/通貨その他
F 国際経済/投機資本
F 国際経済/租税回避

02 ラテンアメリカ

A 中米・カリブ
B ベネズエラ・エクアドル・ボリビア
C 南米諸国(ベ・エ・ボを除く)
D 中南米諸国全体

03 日本経済

A 日本経済
A 日本経済/経済統計
A 日本経済/構造問題
A 日本経済/対米従属
構造問題/対米従属
B 財政/消費税
B 日本経済/アベノミクス

04 国内政治

A 憲法/平和
A 反核/反基地
A 歴史認識
A 政治戦線/メディア
C 労働/貧困/人権
C 福祉/教育
D 原発
D 原発/東電
D 原発/代替エネルギー
E 震災

05 音楽

A 音楽/クラシック
B 音楽/LA
C その他の音楽
D 音楽/オーディオ

06 文学・芸術・スポーツ

07 歴史

A 歴史/日本
A 歴史

08 自然科学

09 社会理論/科学的社会主義

A マルクス
B 経済理論

10 医療

11 日々雑感

カテゴリ分けはいい加減で、番号も重複したり不揃えだったりするが、とりあえず放置する。

ここに記事の表題をぶち込んでいくことにする。リンクが上手く繋がるかどうかは運次第。