マーラーの交響曲を最後まで聴き通した記憶が無い。ブルックナーというのは黙って聞いていればいつかは終りが来るのだが、マーラーというのはいつまでたっても終わりが来ない。
いっそのこと、全10曲をひとつのファイルにして、葉巻のように気が向いたら吸って、あとは自然に火が消えたら、またマッチで火をつけて、という風にだらだらと聞くのが良いのかもしれない。
とくに2番から4番までは、全15楽章・4時間の曲と覚悟して聞いたほうが良いのかもしれない。

現在はバルビローリ指揮ハレ管弦楽団の演奏で聞いている。とにかくわかりやすい演奏だ。私にはマーラーの良い演奏などというものは分からない。
とにかく居眠りせずに聞かせてくれる演奏が良い演奏だ。とくに年取ってくると眠気は応える。バルビローリの演奏は外道と言われているようだが、外道だろうとなんだろうと眠らずに聞けるのは助かる。
バルビローリ・BPOの9番を聞いた時に、やっと眠らずに聞けるマーラーに出会えたと感激したものである。9番についで良い音質の良い演奏だ。とにかく音が良い。これはうp主の努力も預かっていると思う。