武谷三男の言動を調べていくうちに、面白い記事に出会った。
西谷勝さんのブログで、こう書かれている。

私が一度、何度目かの漫談の冒頭で「私たちの漫談を若者たちは《ジジイ漫談》と呼んでいますよ」と仕向けると、武谷さんはキツとして「若者が《ジジイ》ほどに頑張っていりや別ですがね」と応えたことがあった。

「ゆっちゃった!」という感じ。
「働き盛り」の現実派は、世の中良くしようとは、てんで考えていない。まして「世によって生かされている」なんてことはまるっきり考えちゃいない。人のアラばかりほじくって楽しんでいる。