田上市長(長崎)の言葉が赤旗に掲載されている。なかなか良い言葉がある。

国連では、国益と国益、軍事バランスという議論になります。しかし、私たちはその議論に「核兵器は人間にとって必要ですか」と投げかける人間の論理を持ち込みます。
「原爆が投下された広島、長崎の惨状を知ってください。被爆者の訴えを聞いてください。これほど残酷な兵器が人間として必要ですか」との本質的な問いかけができます。
やや荒削りだが、まっとうな論理だ。

人間の論理と言ってしまえと、政治の論理も突き詰めれば人間の論理だ。この言葉はもう少し吟味しなければならない。核を使おうとする側の論理とその目標にされる側の論理になるのだろうが、今のところうまい言葉が見つからない。
核に賛成はしないが、使われてもとりあえず自分には関係ないと考える人々、つまり核に鈍感な人々が問題なのだろう。