ASKAとの“中出しSEX”までも反証材料にした栩内香澄美被告に、検察が激怒!

というから、かなりえげつない話になっているが、「私はシャブなどやっていない」という主張のために、そこまで告白しているようなのだ。

これは「私は高級コールガールです」と宣言しているようなものだ。ということは、「仁風林」がその手の施設であることも明るみに出ることになる。

ここまで開き直った女性が、この先何をしゃべり出すか分かったものではない。

しかもこの戦術、パソナグループの社長が主導している雰囲気のようだ。どうやらこの社長、本気で脅すつもりらしい。

こうなると命がいくつあっても足りない。さてどうなりますことやら…